chisa ×ものがたり食堂 〜ガラスで味わう特別な時間〜

冬がだんだん近づいてきて、寒いのが苦手な私はお布団からすでに出れません。冬はお布団の中で暮らしたい。冬眠したい。そのくらい寒いの苦手なのです。

でも考えて見たら好きな服は全部冬服で、ニットも好きで、ウールも好きで、ブーツも好き。寒くないと楽しめないアイテムだらけでした。温泉もいいよね。 なんてお話をしていた今日この頃。皆様お元気ですか??

Read More
傷がやっと癒えたのでブログ書きました。

ずっと書こう書こうと思ってずっと書けていなかった8月のものがたり食堂『七福神』日本橋のBETTARA STANDさんとのコラボイベントでした。

Read More
BETTARA STAND×ものがたり食堂Vol’22『七福神』

2017/8/18 
『七福神』

P1110528

P1110527

P1110564

七福神巡りとしても信仰のある7人の神様の事をこのイベントがなければここまで知らなかったでしょう。

まず日本人は1名のみ。残りの6名は全員外国人です。なんてグローバル!!徐々に調べていくうちに楽しくなるほどでした。

そんな七福神を7品の味わいでご紹介していきます。

 

『隠れんぼ』〜毘沙門天〜

鎧を着てる神様です。この神様はヒンドゥー教の神様。『クーベラ』という財宝の神様でした。財宝の神様って人気ありそうですが、かの有名なガネーシャも財宝の神様。ガネーシャの人気には勝てず、ひっそりしていたところで、もともと北の守護神もしていた『クーベラ』は仏教の神様に抜擢され『多聞天』という神様として大ブレイクしました。一度は『夜叉』という言葉を聞いた事があるかと思いますが、その夜叉を支配しているのがこの『多聞天』です。日本へは『毘沙門天』という名の武神として伝わりこのような形で祀られているそうです。

クーベラという名前の意味は『隠れる、隠す』などの意味もあり大切な財宝を隠すという意味が込められています。

『隠れんぼ』はそんな毘沙門天を表した一品。
敷き詰めたゴマの上には馬刺しとレモンを。

インドの神様は何かしらの動物に乗っているのですが、クーベラは馬に乗っているところが多く描かれています。そして、手にしているのはマングーズとレモンだった。。。。

そしてこのゴマの中にはしょっぱいおはぎを忍ばせておきました。

P1110655

P1110640

P1110625

20841189_461513210871270_5820554426261824349_n

 

『流された船』〜恵比寿〜

唯一の日本人の神様。恵比寿様。もともとはイザナギとイザナミの子供として生まれましたが3つになっても立たなかった為、船で流されてしまいます。そんな恵比寿様が漂着した海岸では海の神様に違いない!!とされそれ以来、漁業神としても商売繁盛の神様としても信仰されています。

そんな恵比寿様を表現した一品。

カリフラワーのスープにカリカリに焼いたパンには鯛のグリルのマリネ。そして紫蘇のペーストとおかひじきを使いました。

P1110699

P1110715

P1110712

 

『大地』〜大黒様〜

こちらもヒンドゥー教の神様シヴァ神の化神であるマハーカーラという神様。マハーは『大いなる』カーラは『黒い、暗黒』という意味があります。日本に伝わり大地を作った大国主神を習合され大地を司る神として、そして農耕神として信仰されるようになったそうです。いいとこ取りですね。

ブロッコリーのバーニャカウダと野菜エキスたっぷりのスープをご用意しました。

P1110743

P1110734

 

△〜福禄寿〜

幸福の福、身分をあらわす禄、寿命を表わす寿の三文字からなり、中国、道教の長寿神です。大きなみみたぶを持ち年齢1000歳という長寿の仙人です。

縁起のいい3品で表現しました。

1、根がはることから縁起のいいとされるごぼうを使い、フォアグラ、大根、油揚げで巻いたごぼうの煮物。
2、長いひげをはやし、腰が曲がるまで長生きすることを願ってのエビのマリネ。
3、海の中で泳ぐ様子が帆をあげて進む船のように見える事から、未来への明るい兆しとしてのホタテ。北海道産の雲丹と金箔で贅沢なお味に。

P1110760

 

鹿と桃と〜寿老人〜

牡鹿を連れて歩き、桃や扇子などをもった姿が一般的に知られています。
日本で鹿をいえば???きっと思いつくキーワードの一つに奈良があるかもしれません。実は奈良の春日大社などでは鹿は神使とされていた為、親近感を感じ徐々に広まっていったそうです。寿老人の連れている鹿肉を食べると2000年の長寿を得るとの伝説があります。さらに不老長寿のシンボルの桃をもっている為、長寿の神様とされています。

そんな寿老人を表現した一品。シンプルに味付けした鹿肉と豚ヒレ肉、ソースは桃のコンポートを添えました。

P1110784

 

袋の中〜布袋様〜

中国の神様。もとい、実在したお坊さんとされておりいつも笑顔を絶やさず人々と接した方だったそうです。放浪の乞食坊主だったとはいえ、お坊さんはお坊さん、どんな物でもお布施として笑顔で受けとり袋に詰め込んでいたそうです。そんな袋は勘忍袋とされています。

そんな布袋様の一品。
お弁当箱にチラシ寿司を詰め込んでお出ししました。雲丹、べったら漬け、いくら、うなぎ、ミョウガ、錦糸玉子、きゅうり、たくさんの具材を詰め込んで(^-^)

P1110832

P1110819

P1110786

 

おとしもの〜弁財天〜

こちらはいつも仲良くしてもらっている世界のおやつのパティシエ鈴木文ちゃんにデザートを考えてもらいました。以下の文章は文ちゃんのコメントです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ルーツは、インド生まれの「水」を象徴する女神様。
蓮の葉に立つ姿からインスピレーションを受けて、おーきな蓮の葉には、ブルーキュラソーのジュレ。

そして、球体部分はインドの郷土菓子「shrikhand/シュリカンド」をフローズン仕立てに創作しました。
作物を実らせ富をもたらす神様なので、ナッツやフルーツを詰め込みました!

弁舌・音楽・財福・知恵などをつかさどる弁財天…あまりに沢山のグッツを持っているのが印象的だったもんだから…

P1110860

P1110855

P1110888

 

P1110874

 

P1110810

 

最後のお土産も忘れてはいけません。こちらのべったらさん。BETTARASTANDのシンボルとなるべったらさんのもっているべったら漬けの大根をクッキーにしました(^-^)味はちゃんとクッキーですよー。

P1110727

P1110902

今回のイベントで7人の神様を調べて、ここで全てお伝えできなくて本当に残念なのですが。

神様も結構テキトウで、自分勝手で、結構どうしようもないんだなーと感じました。神様も子供を捨てたりするんです。そう思うと『完璧にならなくていいじゃん。』『テキトーでいいよー』となんだかちょっとダメな自分も好きになれそうな気がしましたw

P1110677

 

この様な素晴らしい機会をくださったBETTARA STANDのみなさま、当日のお手伝いから何から何まで本当にありがとうございましたm(_ _)m 30名という初めての大人数のものがたり食堂を経験できた事がこれからの自信にも繋がりそうです。

そしてそして、いつもながら装飾を手伝ってくれた春ちゃん、カメラマンのリッキー、いつも頼ってばかりのコマさん、そして本当はこんな気軽にお願いできない存在のパティシエの文ちゃん、みんなありがとうございました!! いつもこころ強い仲間に支えられているから一人で仕事の時はみんなを思い出すんだよ。

いつも無茶なお願いをしても『いいよー』と了承してくれる素敵キッチンウェアを扱ってる九雲さん。30枚もの高級まな板を貸してくださりありがとうございました!!

そして最後になりましたが当日暑い中、提供が大幅に遅れる中でも親切に見守っててくださったゲストの皆様、ご参加くださり本当にありがとうございました。ゲストの皆様がいて初めてものがたり食堂が完成します。私はただお料理の提供だけです。空間が和み、一体感が生まれるのは素敵なゲストが集まってくれているからだと感じています。 本当にありがとうございました。

協力&場所:BETTARA STAND

パティシエ 鈴木文:旅するパティシエ

装飾 河島春佳:cLifet

まな板:九雲

写真:石倉リッキー

 

 

ケータリング&お料理教室のご依頼はこちら!!!

今までのものがたり食堂はこちら!!

暮らしをつくる人になる〜KILTAのオープニンぐパーティにてケータリング〜

【ケータリング 35名様/横浜市】

いつもお世話になっているKUMIKI PROJECTの新しい活動の場として『KILTA』がオープンしました。

『暮らしをつくる人になる』

をコンセプトに現場のプロから壁紙貼り、床貼り、家具作りまで住居に関わる基礎から応用までを学べる空間です。『KILTA』はフィンランド語で『職人』を意味してます。近い将来”地域につくる人をふやす”ために3000拠点をつくることを目指すとのこと。全国にある図書館のように”本から得る知識”のようにKILTAでは”体験から自身の力に”なのかもしれませんね。次はどこにできるのかな??と楽しみもありますが実は今クラウドファンディングを行っています。リターンはワークショップを体験できるパスポートや木の可愛らしいピアスに私も個人的に狙ってるエプロンなどあります🎶

壁紙貼ってみたい!! 床貼りってできるの??と少しでも気になった方は是非覗いて観てはいかがでしょうか??

そんなKILTAのオープニングパーティにて有難いことにケータリングをしてきました。

たくさんの方々に見守られながらの準備は緊張しますが、良い刺激となっていつも通りのコーディネイトができましたよ。

テーブルのイメージは『KILTA』とフィンランド語を使っていることもあり、先日の『美味しい二人展』というイベントに少し寄せたコーディネイトにしました。そしてみずきちゃんにもお手伝いしてもらいました!!売れっ子の彼女に来てもらえるなんて贅沢です!!

~MENU~

・鹿肉ハム
・野菜の重ね焼き
・キューブサラダ
・サーモンのおにぎり
・鶏肉とクリームキノコソース
・ベリーのスープ
・シナモンロール

IMG_2116

IMG_2120

IMG_2121

IMG_2122

IMG_2123

IMG_2124

IMG_2098

IMG_2107

ケータリング&お料理教室のご依頼はこちら!!!

今までのものがたり食堂はこちら!!

イギリスにやってた🎶 英伊日を少しだけ比較した。

夜の23時でもうっすらと明るくてちょっと不思議な感覚になるイギリスにはヨークに来ています。

2日前までロンドンで過ごしたのですが着いた初日から感動した事がありました。それが・・・・

 

人の優しさ

 

 

日本だって優しいじゃんと言われますし、私は比べるのがいつもイタリアになってしまうのですがイギリスの人たちは優しい!!!

ではどんなところが違うのか勝手に本当に勝手に比較してみました。(この時点不愉快な方はこれ以上みない方がいいかもです。イタリアも日本ももちろんいい人多いですからね)

 

 

重い荷物編

 

重い荷物の多い旅行中ですが、私は旅行に限らずに普段からケータリングなどがあって荷物が多め。シュチエーションはこんな感じ。

大きなキャリーバック20kg、電車に乗る時にほんの少しだけ持ち上げて電車に乗せなければなりません。

GB 列車がホームに着き、重いキャリーバックを持ち上げようとすると”あれ??なんか軽い”と思い後ろ振り向くと持ち上げてくれるオジ様がいるではありませんか!!!びっくり!!そしてウインクをして何事もなかったように立ち去って行きました。本場の紳士を目の当りにした瞬間 in London!!!

IT 重いキャリーバックを持ち上げようとすると、手伝ってくれるお兄さん!!おーめっちゃ優しい!!!と感動していると『1ユーロ』と言われる。(この場合イタリア人ではない可能性が多いです)

JP (背景が白でただの丸だけど気にしない)重い荷物を持ってます。階段です。下りでも、登りでも見てますが、手伝ってくれませんサムライな男性。なぜか手伝ってくれるのはナデシコな女性が多い・・・・・・なんでだオイ!!な東京の夜。

個人的にですが別に手伝ってくれなくてもいいのです。だって自分の荷物ですしね。でも日本で感じるのはベビーカーも持っての階段ってちょーきついはずです。ママ一人なら尚更。なので私はちょっと大変そうな人を見ると助けずにはいられません。これ別に優しさアピールではなく、普段自分も助けてもらうことがあって嬉しかったからです。

 

目があった時編

 

よくあります。観光してても通勤中でもどこでもあることです。目があって・・・・・・・な瞬間。

GB ニコっと微笑んでくれてる。なので微笑んで返します。距離が近いと服を褒めてくれたり、美味しそうなもの食べてると『美味しそう』なんて言ってくれたり不快な対応されたことありません。これアメリカも同じだった気がします。もう10年以上前ですが。

IT 【女性限定 相手がイタリア人男性の場合】
目が合うと微笑んでくるのでそれに微笑んでしまうと勘違いします。ポジティブでいいのですがタイプではない限りやめましょう。近くにやって来ます。『今まで見た女性の中で一番綺麗だ』なんて言われてもこの言葉自体がただの挨拶だと思いましょう。彼らにとって『おはよう』『やあ』と代わりありません。

JPすぐに目をそらします。自分の髪の毛が変なのかも。顔になんか付いてるかも。などと心配してます。私がいつもそう思っていることでもあります。

 

道案内編

 

道案内私は本当に苦手です。みなさんは聞かれたらどうしてますか??口頭での案内が苦手なので近だったら一緒に目的地まで行きます。時間がなければグーグルマップを開いて一緒に見てみます。時間があれば!!!とここにも書こうとしたのですが、いつも道を聞かれる時が忙しくない時なのです。さぞ暇そうに見えるのでしょう。そして英語が話せないのでとにかく笑顔で目的地まで🎶 ニコニコ。

 

GB かわいいマダムに道を聞きました。説明をしてくれ,ちょうど方向が一緒だったので途中まで一緒です。そのあと別れ道『まっすぐ行って左だよ!!』とバイバイしました。まっすぐ行って左!!と曲がろうとすると離れたところにかわいいマダムがこちらを見てることに気がつきました。『え?』とびっくりしてるとThums-upグーッ!!!と親指を立てて笑顔で去って行きました。心配で見ててくれたことにびっくりというかそのマダムが優しすぎるぞ in London!!

IT 【女性限定 相手がイタリア人男性の場合】
道を聞きます。目的地までナンパの為に付いてくる可能性があるので可能な限り女性に尋ねましょう。

JPこの辺りはみなさんちゃんと対応してくれて素敵だと思ってます。私みたいな方向音痴は交番に行って聞くのが一番です。あと近くにスタバがあると店員さんが親切なので案内してくれます。

 

 

すごい勝手なまとめ方ですみません。
何が言いたいかというと。

いつでも民意が問われている

そんな気がします。

中国に一人で行った時に道を聞きました。英語も通じません。こちらは中国語わかりません。でも行きたい場所を伝えたら目的地まで案内してくれました。結構な距離でした。でも途中もいろいろ話しかけてくれて『わからないよー』と困った顔しててもひたすら笑顔でした。

日本に来ている外国人にはやっぱり『日本よかったよーみんな親切だった』と思ってもらいたい。

普段も困っている人がいたら助けたい。

少しの優しさで誰かが助かるなら、私は嬉しいのです。親切にされて嫌な人はいませんよね。

 

一人ごとですが日本で目があって微笑んだらどうなるんだろう。。。。。。。。

 

本日はここまでです。

次はいつ書けるかなーw

 

ケータリング&お料理教室のご依頼はこちら!!!

今までのものがたり食堂はこちら!!

 

 

 

おいしい『美女と野獣』ものがたり食堂Vol’21

久しぶりのブログです。

3月のものがたり食堂『おやゆび姫』のレポートもしてないのに『美女と野獣』のレポートです。

実はいろいろあり写真がなく(涙)京都での開催もあるのでその時にしっかり写真を撮ってもらいます!!

では先日のものがたり食堂『美女と野獣』のお料理のご紹介です(^-^)

 

2017.5.19 
『美女と野獣』

きっとこの作品イメージは『黄色のドレス』『ミュージカル』『喋るポットや時計』でしょうか?

でも原作はベルがどんな衣装を着ているかも書いてなければ、ダンスシーンもなければ、喋るポットも出てきません。原作は1740年ヴィルヌーヴ夫人が書いたのが最初と言われていますが、1757年にそれを短縮して出版されたボーモン夫人の作品が広く知られるようになったそうです。(参考Wikipedia)
この短縮されたたった25ページの物語からディズニーはあんなにも有名にそしてベルを大人気のプリンセスにしたのって本当にすごい。ほとんどがディズニーのオリジナルなんですもん!!

今回はそんなディズニー色は少し控えめに原作を伝えつつお料理を提供していきました。

 

DSC_0721

DSC_0722

DSC_0774

 

 

航海の果てに

ベルはとても裕福な商人の家庭で育った三兄弟三姉妹の末娘でした。
とても綺麗な娘たちでしたが中でもベルは人が感嘆するほど美しくベル『美女』と呼ばれるようになったそうです。ある日、商人の船は嵐にあい、一瞬にして財産を失ってしまいました。。。。
そんなベルのエピソードを伝える為の一品。

ほんの少しだけボイルしたホタテとバジルとトマトの香りのジュレ、生でも食べれるスナップエンドウの実、いくらとナスタチュームの葉を添えました。ホタテの甘みとバジルとトマトの爽やかさをお届けしました。

DSC_0826

 

美食家のサラダ

 

ベルのお父さんが野獣の城に入りテーブルに置かれていたご馳走に我慢できずに食べてしまうシーンです。

ディズニーではお父さんが食べるシーンよりもベルが愉快なディナーミュージカルを交えたて楽しむシーンが印象的でしょうか。

全粒粉のクレープに包まれているのはベーコン、サルシッチャ、玉ねぎ、卵をバルサミコソースで和えたものを。そして周りには紅水菜と卵の黄身でトッピングしました。ドレッシングはホワイトバルサミコベースでラズベリーとカシスを加えました。
よくビストロにあるサラダグルマンドをものがたり食堂風にしたものです。

DSC_0848

DSC_0950

 

好奇心のスープ

珍しいことや未知のことなどに興味をもつ心の持ち主ベルを表現したスープです。
泡の部分はコンソメにパプリカの香りをプラス、泡の下にはエビのスープビスク。
エディブルフラワーとマージョラムを散らしてフレッシュ感を出しました。

DSC_0943

DSC_0948

 

野獣の角

こちらは野獣を表したものです。

実は心優しい野獣。そんな彼をドライローズをしきつめたジュエリーケースに閉じ込めました。
パイ生地にポルチーニ茸、クリームチーズを詰めました。クリームを絞ったあとに細かく刻んだかぼちゃの種をトッピングしました。

DSC_0992

IMG_9875

舞踏会~Shall we dance ~

 

説明不要の名シーンですね。

牛肉で生ハムとサージを挟んで巻き焼いたもの。こちらイタリア料理のsaltimbocca(サルティンボッカ)というお料理、サルティンは『飛び跳ねる』という意味。ボッカは『口』という意味です。ダンスシーンでは優雅に踊って魅せます。二人の心はきっと飛び跳ねるようにドキドキしていた事でしょう。

ソースはポルチーニ茸の出汁、マルサラ酒、などなどたくさんの味を閉じ込めています。

DSC_1052

 

DSC_1034

 

最後のひとひら

美女と野獣と言えば『薔薇』ですね。
原作には最後のひとひらは出てこないのですが、一本の薔薇からストーリーは展開していきます。薔薇がなければベルと野獣は出会う事なく、野獣はずっと野獣のままだったでしょうね。

砕いたクッキーにアールグレイのパンナコッタ、ラズベリーとローズのジェラート、ラズベリーのマカロン、エディブルローズの贅沢なデザートです。

DSC_1151

 

原作を読む為に買ったこちらの本ですが、美女と野獣以外にも素敵なお話がたくさんあります。でもどれも『嫉妬』『恨み』『わがまま』を持つといい事はないですよ。と人生の助言のようなお話が多かったように思えます。この時代のフランス人はそういう人が多かったのでしょうかね??そういったところを考えるのも面白さの一つだったと思います。

 

DSC_0969

DSC_0974

DSC_0998

DSC_1020

DSC_0925

DSC_0978

DSC_1157

そしておやゆび姫からテーブルコーディネイトをお願いしているハルカさん。
私の思いを表現してくれるとっても信頼できるフラワーアーティストです。実は今回は2回目だったのですが、前回と全く違うテイストにも対応してくださって本当に感動しました!!cLiftというユニットでワークショップなどをたくさん行っています!!ご興味のある方は是非お問い合わせください(^-^)

 

そして今回のお土産は最初にメニューが入っていた瓶にドライローズと薔薇の花びらを表現した和菓子、雲平を中に詰めました。デザートのパンナコッタで使ったアールグレイの茶葉も一緒にお土産にしました。そんまま食べてもいいですが、紅茶と一緒に食べても、ドライローズを紅茶に入れてもいいですね(^-^)

IMG_9872

最後まで読んでくださりありがとうございました(^-^)

 

ケータリング&お料理教室のご依頼はこちら!!!

今までのものがたり食堂はこちら!!

日本橋のオフィスでフルコースケータリング🎶〜サイボウズさんのオフィスにお邪魔してきました〜

先日、光栄にもサイボウズ様とパナソニック様の会食のディナーを担当してまいりました。

こんな私にもこんなチャンスがあるなんて!!夢にも思ってませんでした。

緊張しながらオフィスに向かいましたが、辿り着くまでのセキュリテーが凄すぎて、さすがのIT会社ですね。着くまでにアミューズメントパークのような感覚で、ちょっと楽しかったですw

 

さて、こんなお話はさておき。お出ししたメニューのご紹介です。

IMG_8179

〜MENU〜

新しい香りのフロマージュ

HANA 箱

口どけバター 苦味と酸味

黄色いプールと香りの女王

山と森と海と

森の宝石との出会い

雪解け、春の訪れ

ものがたり食堂ではなかったのですが、いつも通り少し何が出てくるか考えてもらえるようなメニューにしました。

 

新しい香りのフロマージュ

新鮮なフロマージュブランに菜の花のカラスミ和え、そして、芽キャベツとディルの白ワインビネガーマリネ、そして、最後にカラスミを。
新しい香りとは『お新香』の事、『香の物』と言われた発酵食品と西洋の発酵食品組み合わせてみました。

FullSizeRender 2

HANA箱

有機野菜をたっぷりとジュエリーケースのなかに閉じ込めたサラダです。
ドレッシングは日向夏ときんかんを使った柑橘さっぱりしたものを。

 

口どけバター 苦味と酸味

こちらは前回のものがたり食堂の『雪の女王』でお出しした時に好評だったもの。
フォアグラにマンゴーそして、カカオニブのトッピング。

IMG_8185

 

黄色いプールと香りの女王

こちらはサフランとポルチーニ茸を使ったリゾット。
サフランは最も高価なスパイスとして知られていますが、ここに別名香りの女王のポルチーニ茸を使った贅沢な一品です。もちろんたっぷりのパルミジャーノ レッジャーノを使いました。36ヶ月熟成!!

IMG_8187

 

山と森と海と

名前の通り山と森と海の食材を使いました。
メカジキの生ハム巻き、天然の車海老のグリル、ロマネスコのマリネ、ハーブのソースと北海道産ウニのソース。

IMG_8188

森の宝石との出会い

シャラン産の鴨ロースト、マッシュポテトは黒トリフをたっぷりにラズベリーのソース。
目にはあまり見えませんが白トリフのオイルも贅沢に使いました(^-^)
森の宝石と言われるトリフ。黒、白と両方楽しめる一品になりました🎶

IMG_8193

 

雪解け、春の訪れ

ホワイトチョコの上には杏子のガナッシュを挟んだマカロン。

IMG_8196

IMG_8197

こんな風にコンコンとホワイトチョコを割って中に落としてもらい、様々な食感を楽しんでもらえるようにしました。中には、パッションフルーツ、レモンカード、ヨーグルトのムース、ビスケット。

IMG_8194

 

どんなお食事会だったかは内緒ですが、楽しんでいただけたようで、ホッとしましたw

いつも美味しいお料理をたくさん食べている方々なのでどうなることやらと心配でしたが、なんとか無事にデザートまでお出しすることができました(^-^)

サイボウズの青野様、パナソニックの津賀様をはじめとする皆様本当にありがとうございました(^-^)

そして、こんなチャンスをくれたKitchHikeさん毎度ながら沢山のご縁をありがとうございました!!

最後はお願いして写真撮影〜🎶

IMG_8199

ちゃっかり真ん中に入れてもらいましたm(_ _)m

サイボウズさんのオフィスは入った瞬間からすごーく親近感の湧くスペースになってました。

お子様同伴での出勤もしているそうで、すごい会社ですよね!!さらに副業も推薦していると。最近は増えてきているそうですが、『100人いたら100通りの働き方』という新しいワークスタイルの試みもあるそうなんです。こちら読んで、コックさんじゃなかったらここで働きなかったと思いました🎶そのくらい魅力的な会社でした。今度はゆっくりオフィス見学に行きたいくらいですwだって、見てください。ぬいぐるみにまで、ちゃんと名前があって、社員番号も付いているそうですよ!!いいなーこの羊さん。就活生たちに嫉妬されるぞ。

 

IMG_8201

 

最後にお土産として、こんなものをいただきました。

FullSizeRender 2

オリジナルのパックw

本日はこれをつけてゆっくり寝たいと思います♡

サイボウズさん、最後まで本当にありがとうございました!!

 

ケータリング&お料理教室のご依頼はこちら!!!

今までのものがたり食堂はこちら!!

 

朝ごはんぴったりのダイニングで朝食を

ものがたり食堂のあとは鹿庭荘で眠るという、のんべいには嬉しいプランをご用意しました(^-^)

宮島の農家中岡農園さんのサラダ

伊都岐珈琲さんの香り高いコーヒー

ジャムおさんのジャム

アンデルセンさんのパン

どれも美味しい

でも空間が素敵だったからより一層それらが美味しくなった。

 

P1070930

P1070931

P1070938

P1070942

P1070949P1070986

P1070955

P1070953

P1070993

 

『朝食美味しかったです』と笑顔で言われて嬉しかった。

でも、わたしはなにもしていない。

野菜を切って盛り付けただけ。

パンも切っただけで焼くのはみなさんにお任せした。

コーヒーはアミーゴがしっかりと美味しく淹れてくれたし。

わたしはただ、お皿に盛り付けただけ、そして運んだだけでした。本当だよ。

 

鹿庭荘さんの朝のダイニングは心地いい日差しで朝の似合うキッチンだった。パンの焼けるトースターのチチチチと響く音やコーヒーの香り。バターというよりジャムがぴったりだった。

時計がないのだけど、時間なんて気にする方がおかしいのだろうか。いつもは気にも止めてなかったけどわたしは時計がないと落ち着かないことにも気がついた。

『計画的』『時短』『正確さ』

これらに縛ってもらっていて心地よさを感じていたけど、ドMでいるのはまっぴらごめんだな。とも思って。もうすこし動物的に過ごすのに憧れた。

P1070897

P1070902

P1070912

P1070927

P1070915

この宿の魅力は内装のデザインだけではなくて、オーナー夫婦の人柄だと思いました。

丁寧な対応に、お客様のことを本当に考えていて。初めて来たのに『ただいま』と言いたくなるそんな場所。一泊3000円で泊まれるのが奇跡のような宿なのです。

そして前日のものがたり食堂が始まる前に、素敵なプレゼントをいただきました。もう目についた方もいたかもしれませんが、オーナーの奥様が手書きの黒板を用意してくださったのです。

すごい細かいところまでしっかり書かれていて、わたしはこれを見た瞬間お腹いっぱいになってしまって始まってもいないのに終わってもいいやーとさえ思いました。誰かを喜ばせることが大好きなのですが、こうやってサプライズ的にいろいろしてもらうとうれしいのですね!!感動して泣きましたもん。

IMG_7883

 

宮島いいですよ。

本当に素敵な島です。

訪れたことがない人は是非。そして鹿庭荘さんへも是非。

わたしは今回はイベントだったけど、次回はちゃんとお客さんとしていこうと思いました。

IMG_7927

今回のお土産はこちら。

『王子様が見つけた地球をイメージして作りました』

 

 

ものがたり食堂宮島編

たくさんの方々のお陰で大成功でした。本当に満足のいくパフォーマンスだったと思います。

すこし成長した気もします。

またやりたいです。

 

ケータリング&お料理教室のご依頼はこちら!!!

今までのものがたり食堂はこちら!!

ものがたり食堂宮島編〜小さな王子さまと鹿庭荘〜

東京以外ではじめて開催するものがたり食堂は大好きな場所宮島でした。

なんだかご縁をとても感じる素敵なところなので、ここ数年は一年に一度訪れています。

『小さな王子さま』は東京でも開催したテーマでもありました。

ものがたり食堂Vol’09

メニューはほとんど同じだったのですが、品数を一品増やし、そして京都から素敵なバーテンダーをお呼びしてストーリーとのペアリングをして頂きました。開催場所がゲストハウスということもあり、宿泊もセットにしました。帰りの心配もなくゆっくりとお酒が楽しめるようにと。

実は今回集客が本当に心配で、広島に知り合いもいなければ、伝もない。本当に不安な状態での予約開始となりました。まずなぜ広島開催ができたのか。

去年アシスタントを募集していたのですが、一人の女の子と面談をしました。『作ってみたい料理ありますか??』『得意なことはなんですか??』とまぁありふれたお話をしていたのです。最後に『やりたいことありますか??』との質問に彼女は

『広島の宮島でものがたり食堂やりませんか??』(ちょー笑顔)

 

正直ですよ。正直。内心『何言ってるんだよ』と思いましたw『やってみたい』じゃなくてお誘いやんw

集客はどうするの??簡単に言ってるけど。この娘は何を言っているんだかw

『まぁできたらいいですよねー』と期待せずに返事をしたのです。だって今までも地方開催のお話は沢山あったからです。でもやっぱり値段や費用や慣れない場所で〜〜〜とかなんとかかんとかで残念ながら諦めてきたのです。だから今回も期待はしない。そう思ってました。でもこの娘、以後アミーゴといいましょー。アミーゴの行動力とスピード感、なによりも『たのしみましょーーーー!!!(エイエイオーーー!!)』という気持ちで宮島開催は決まったのです。

私『集客どうするの??』

アミーゴ『どうにかします!!』

私『誰もこないかも??』

アミーゴ『絶対大丈夫ですよー(ちょー笑顔)』

私『・・・・・・・・』

 

なにこの娘!!根拠のない自信に満ちてるーーーーーーーーーー!!

 

 

いろいろと不安もありましたが、アミーゴや鹿庭荘さんや沢山の方々のお陰で満席となりさらにキャンセル待ちをいう本当に有難い状況にまでなりました。

無事に開催できたのもゲストをはじめ、鹿庭荘さんそしてアミーゴのお陰なのです。不安そうにしててもいつも笑顔で励ましてくれたり、買い出しの時は探しているものが中々見つからなくていろんなところに電話をしたり、重い荷物を沢山持ってくれたり。そして、今回のイベントの為にコーヒーを勉強してくれたのです。コーヒーがわからない私に代わっていろいろと味見をしてくれたり、ロースターさんから教わった淹れ方を練習したり、さらに見えないところでの努力があったのでしょう。本当に美味しいコーヒーを淹れてくれました。

彼女なしではイベントの開催はなかったですし。来てくださったゲストの笑顔も見れなかったでしょう。そして素敵なゲストハウス鹿庭荘を知ることができて、素敵なオーナー夫婦に出会い、京都nokishita711のセキネさんともコラボの夢も実現し、安定のリッキーカメラマンは東京から参戦!!気になっていた広島のパティシエ、ユーイチさんにも会えて、ジャム作りが趣味であだ名がジャムおの佐藤さんのジャムを使っての朝食と、本当に盛りだくさんの宮島開催になりました。

今だから言えますが、本当に本当にほんとうーーーーーーーに不安で不安で吐き気がしました。でも楽しまないとね!という気持ちと失敗したくない気持ちと、念願の地方開催なのに心に余裕がない。そんな自分めっちゃちっちぇーーーーーーー!!と。凹んだものです。

 

でも

 

 

振り返ってみると最高のチームで最高の空間を作れたと思ってます。大変だったけどまたこのメンバーでやりたいな。そう思ったのです。

 

2017/2/18

『Le petit prince 小さな王子さま』宮島編

fullsizeoutput_1a7a

fullsizeoutput_1a7b

fullsizeoutput_1a7f

fullsizeoutput_1a7e

fullsizeoutput_1a80

fullsizeoutput_1a81

fullsizeoutput_1a8b

fullsizeoutput_1a8f

fullsizeoutput_1a84

〜王子さまが愛した気難しいバラのジュレ〜

王子さまの星には王子さまが大事に大事にしているバラがありました。
バラは自分の美しさを鼻にかけて、王子さまを苦しめ始めました。
嘘をついたり、強がったりと。
とうとう嫌気がさした王子さまはバラを置き去りにして旅に出かける事にしました。

fullsizeoutput_1a8e

カクテル around the world ~世界を飛び回ったボクの想い出~

fullsizeoutput_1a9e

fullsizeoutput_1a89

fullsizeoutput_1a8a

〜変わった星の住人たち〜

  1. 自分の体面を保つことに汲々とする王様
  2. 賞賛の言葉しか耳に入らないうぬぼれ屋
  3. 酒を飲む事を恥じ、それを忘れるために酒を飲む呑み助
  4. 夜空の星の所有権を主張し、その数の勘定に日々を費やす実業家
  5. 1分に1回自転するため、1分ごとにガス灯の点火や消火を行なっている点燈夫

fullsizeoutput_1aa3

fullsizeoutput_1aa0

fullsizeoutput_1aa5

〜まともな地理学者の温菜〜

ポレンタとフレッシュトマトソース ミモレット 温野菜

fullsizeoutput_1aa6

〜ぼくが見つけた砂漠のオアシス〜

パトゥルジャン・イマム・バユルドゥというお坊さんが気絶したという意味のトルコ料理。みずみずしいナスに炒めた玉ねぎとトマトを詰めた冷たいお料理。ここにソースとして、ひよこ豆のペースト、フムスを一緒に召し上がってもらえるようなラップサンドにしました。

王子さまが6番目の星で出会った地理学者の勧めでやってきた地球。王子さまとぼくが出会い、ぼくに出会うまでの素敵な話をしてくれますが、ぼくは故障した飛行機をサハラ砂漠で一週間分の飲み水があるかないかという生きるか死ぬかの状態でした。

「砂漠が美しいのは、どこかに井戸を隠しているからだよ…….」

果てしない砂漠の中で見つけた井戸のようにみずみずしいナスを使った料理。

fullsizeoutput_1aaf

fullsizeoutput_1ab0

fullsizeoutput_1ab1

カクテル〜AVIATION~ボクらを羽ばたかせる命の水~

fullsizeoutput_1ab3

fullsizeoutput_1ab7

〜今宵のごちそう〜

ダチョウのたたき いちごとキウイディルのソース
宮島編での特別メニューです。

fullsizeoutput_1abb

fullsizeoutput_1abc

fullsizeoutput_1abd

fullsizeoutput_1abe

fullsizeoutput_1ac1

fullsizeoutput_1ac3

カクテル I MISS YOU, TOO.~王子さまを待つバラの甘酸っぱい想い~

fullsizeoutput_1ac5

〜困った植物バオバブの木の芽と熱々ベリーソース〜

テーブルの真ん中に最初からディスプレイとして飾っていたチョコレートケーキをデザートとしてお出しました。

井戸を見つけて最後には自分の星に帰っていく王子さま。

王子さまが心配していたのは、バオバブの木の芽。たくさんありすぎて、大きくなって王子さまの星を破裂させてしまうのです。

きっと王子さまが留守にしている間に王子さまの星にはバオバブの木の芽が出てしまっているかもしれない。いくら小さな星といえ王子さまはバラと仲直りして、お世話をしなくてないけませんし、火山の周りもお掃除しなくてないけませんし。大忙しの王子さまですから、今回お越しくださったみなさまには、そんな困ったバオバブの木の芽を美味しく召し上がってもらいました。

チョコレートアイスが入ったお皿をお渡ししてそれからそれぞれスコップで、バオバブの木の芽を掘るイメージでザクザクのグラノーラも一緒に盛ってもらいました!

fullsizeoutput_1ac7

fullsizeoutput_1aca

fullsizeoutput_1ac9

fullsizeoutput_1acf

 

ディナーのあとはみんなで夜の宮島散歩へ

fullsizeoutput_1adc

fullsizeoutput_1add

fullsizeoutput_1ae6

 

Special thanks

鹿庭荘 https://kaniwa.co.jp/

伊都岐珈琲 http://itsuki-miyajima.com/

nokishita711 https://www.nokishita.net/

you-ichi http://www.you-ichi.com/

ケータリング&お料理教室のご依頼はこちら!!!

今までのものがたり食堂はこちら!!

 

 

目まぐるしいイベントだらけの国〜もうすぐバレンタイン〜

誰が決めたかチョコレートで愛を伝えるとかなんとかかんとか。

私たちは誰が決めたかわからない行事にのせられているのですが、楽しいからいいと思ってます。

クリスマスの本当の意味!!かと。

ハロウィンってなんだか知ってる??とか。

ホワイトデーなんて日本だけ!!とか。

いろいろあるとは思いますが、意味は知らなくても楽しくてウキウキ楽しい事でいい気がします。

気になったら調べればいいし。今はグーグル先生がなんでも教えてくれますからね。

日本人は忙しく休みがない!!とか外国から言われているけど、たくさんの事を取り入れて忙しくなってる気がしました。(でも多分私の職業柄&私の勝手な思いです)

日本独自の行事。お正月から始まり新年会、節分、ひな祭り、こどもの日、お盆、十五夜、忘年会。

歳によってのイベント、お宮参り、七五三、成人式(最近ではハーフ成人式)結婚式。

ハロウィン、クリスマス、バレンタインデー、ホワイトデー、イースター(最近取り入れ始めましたね)

これに加え、誕生日、母の日、父の日、敬老の日、結婚記念日とかとかとかとか!!地域によってお祭りもあるので、数えたらきりがない!!

こんなにイベントたくさんあったら忙しいですよね。仕事しながらちゃんと行事ごとを大切にするって楽しい民族です。

ある宗教学の先生が言ってました。

日本人は生まれた時は『神道』結婚式は『キリスト教』死ぬ時は『仏教』とするのが大半で、世界的にもとても珍しい民族です。

 

そんなこんなですが、バレンタインデーに向けてオススメのレシピを公開します(^-^)

蒸し焼き 簡単ガトーショコラ

 

ケータリング&お料理教室のご依頼はこちら!!!

今までのものがたり食堂はこちら!!