傷がやっと癒えたのでブログ書きました。

ずっと書こう書こうと思ってずっと書けていなかった8月のものがたり食堂『七福神』日本橋のBETTARA STANDさんとのコラボイベントでした。

Read More
BETTARA STAND×ものがたり食堂Vol’22『七福神』

2017/8/18 
『七福神』

P1110528

P1110527

P1110564

七福神巡りとしても信仰のある7人の神様の事をこのイベントがなければここまで知らなかったでしょう。

まず日本人は1名のみ。残りの6名は全員外国人です。なんてグローバル!!徐々に調べていくうちに楽しくなるほどでした。

そんな七福神を7品の味わいでご紹介していきます。

 

『隠れんぼ』〜毘沙門天〜

鎧を着てる神様です。この神様はヒンドゥー教の神様。『クーベラ』という財宝の神様でした。財宝の神様って人気ありそうですが、かの有名なガネーシャも財宝の神様。ガネーシャの人気には勝てず、ひっそりしていたところで、もともと北の守護神もしていた『クーベラ』は仏教の神様に抜擢され『多聞天』という神様として大ブレイクしました。一度は『夜叉』という言葉を聞いた事があるかと思いますが、その夜叉を支配しているのがこの『多聞天』です。日本へは『毘沙門天』という名の武神として伝わりこのような形で祀られているそうです。

クーベラという名前の意味は『隠れる、隠す』などの意味もあり大切な財宝を隠すという意味が込められています。

『隠れんぼ』はそんな毘沙門天を表した一品。
敷き詰めたゴマの上には馬刺しとレモンを。

インドの神様は何かしらの動物に乗っているのですが、クーベラは馬に乗っているところが多く描かれています。そして、手にしているのはマングーズとレモンだった。。。。

そしてこのゴマの中にはしょっぱいおはぎを忍ばせておきました。

P1110655

P1110640

P1110625

20841189_461513210871270_5820554426261824349_n

 

『流された船』〜恵比寿〜

唯一の日本人の神様。恵比寿様。もともとはイザナギとイザナミの子供として生まれましたが3つになっても立たなかった為、船で流されてしまいます。そんな恵比寿様が漂着した海岸では海の神様に違いない!!とされそれ以来、漁業神としても商売繁盛の神様としても信仰されています。

そんな恵比寿様を表現した一品。

カリフラワーのスープにカリカリに焼いたパンには鯛のグリルのマリネ。そして紫蘇のペーストとおかひじきを使いました。

P1110699

P1110715

P1110712

 

『大地』〜大黒様〜

こちらもヒンドゥー教の神様シヴァ神の化神であるマハーカーラという神様。マハーは『大いなる』カーラは『黒い、暗黒』という意味があります。日本に伝わり大地を作った大国主神を習合され大地を司る神として、そして農耕神として信仰されるようになったそうです。いいとこ取りですね。

ブロッコリーのバーニャカウダと野菜エキスたっぷりのスープをご用意しました。

P1110743

P1110734

 

△〜福禄寿〜

幸福の福、身分をあらわす禄、寿命を表わす寿の三文字からなり、中国、道教の長寿神です。大きなみみたぶを持ち年齢1000歳という長寿の仙人です。

縁起のいい3品で表現しました。

1、根がはることから縁起のいいとされるごぼうを使い、フォアグラ、大根、油揚げで巻いたごぼうの煮物。
2、長いひげをはやし、腰が曲がるまで長生きすることを願ってのエビのマリネ。
3、海の中で泳ぐ様子が帆をあげて進む船のように見える事から、未来への明るい兆しとしてのホタテ。北海道産の雲丹と金箔で贅沢なお味に。

P1110760

 

鹿と桃と〜寿老人〜

牡鹿を連れて歩き、桃や扇子などをもった姿が一般的に知られています。
日本で鹿をいえば???きっと思いつくキーワードの一つに奈良があるかもしれません。実は奈良の春日大社などでは鹿は神使とされていた為、親近感を感じ徐々に広まっていったそうです。寿老人の連れている鹿肉を食べると2000年の長寿を得るとの伝説があります。さらに不老長寿のシンボルの桃をもっている為、長寿の神様とされています。

そんな寿老人を表現した一品。シンプルに味付けした鹿肉と豚ヒレ肉、ソースは桃のコンポートを添えました。

P1110784

 

袋の中〜布袋様〜

中国の神様。もとい、実在したお坊さんとされておりいつも笑顔を絶やさず人々と接した方だったそうです。放浪の乞食坊主だったとはいえ、お坊さんはお坊さん、どんな物でもお布施として笑顔で受けとり袋に詰め込んでいたそうです。そんな袋は勘忍袋とされています。

そんな布袋様の一品。
お弁当箱にチラシ寿司を詰め込んでお出ししました。雲丹、べったら漬け、いくら、うなぎ、ミョウガ、錦糸玉子、きゅうり、たくさんの具材を詰め込んで(^-^)

P1110832

P1110819

P1110786

 

おとしもの〜弁財天〜

こちらはいつも仲良くしてもらっている世界のおやつのパティシエ鈴木文ちゃんにデザートを考えてもらいました。以下の文章は文ちゃんのコメントです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ルーツは、インド生まれの「水」を象徴する女神様。
蓮の葉に立つ姿からインスピレーションを受けて、おーきな蓮の葉には、ブルーキュラソーのジュレ。

そして、球体部分はインドの郷土菓子「shrikhand/シュリカンド」をフローズン仕立てに創作しました。
作物を実らせ富をもたらす神様なので、ナッツやフルーツを詰め込みました!

弁舌・音楽・財福・知恵などをつかさどる弁財天…あまりに沢山のグッツを持っているのが印象的だったもんだから…

P1110860

P1110855

P1110888

 

P1110874

 

P1110810

 

最後のお土産も忘れてはいけません。こちらのべったらさん。BETTARASTANDのシンボルとなるべったらさんのもっているべったら漬けの大根をクッキーにしました(^-^)味はちゃんとクッキーですよー。

P1110727

P1110902

今回のイベントで7人の神様を調べて、ここで全てお伝えできなくて本当に残念なのですが。

神様も結構テキトウで、自分勝手で、結構どうしようもないんだなーと感じました。神様も子供を捨てたりするんです。そう思うと『完璧にならなくていいじゃん。』『テキトーでいいよー』となんだかちょっとダメな自分も好きになれそうな気がしましたw

P1110677

 

この様な素晴らしい機会をくださったBETTARA STANDのみなさま、当日のお手伝いから何から何まで本当にありがとうございましたm(_ _)m 30名という初めての大人数のものがたり食堂を経験できた事がこれからの自信にも繋がりそうです。

そしてそして、いつもながら装飾を手伝ってくれた春ちゃん、カメラマンのリッキー、いつも頼ってばかりのコマさん、そして本当はこんな気軽にお願いできない存在のパティシエの文ちゃん、みんなありがとうございました!! いつもこころ強い仲間に支えられているから一人で仕事の時はみんなを思い出すんだよ。

いつも無茶なお願いをしても『いいよー』と了承してくれる素敵キッチンウェアを扱ってる九雲さん。30枚もの高級まな板を貸してくださりありがとうございました!!

そして最後になりましたが当日暑い中、提供が大幅に遅れる中でも親切に見守っててくださったゲストの皆様、ご参加くださり本当にありがとうございました。ゲストの皆様がいて初めてものがたり食堂が完成します。私はただお料理の提供だけです。空間が和み、一体感が生まれるのは素敵なゲストが集まってくれているからだと感じています。 本当にありがとうございました。

協力&場所:BETTARA STAND

パティシエ 鈴木文:旅するパティシエ

装飾 河島春佳:cLifet

まな板:九雲

写真:石倉リッキー

 

 

ケータリング&お料理教室のご依頼はこちら!!!

今までのものがたり食堂はこちら!!

暮らしをつくる人になる〜KILTAのオープニンぐパーティにてケータリング〜

【ケータリング 35名様/横浜市】

いつもお世話になっているKUMIKI PROJECTの新しい活動の場として『KILTA』がオープンしました。

『暮らしをつくる人になる』

をコンセプトに現場のプロから壁紙貼り、床貼り、家具作りまで住居に関わる基礎から応用までを学べる空間です。『KILTA』はフィンランド語で『職人』を意味してます。近い将来”地域につくる人をふやす”ために3000拠点をつくることを目指すとのこと。全国にある図書館のように”本から得る知識”のようにKILTAでは”体験から自身の力に”なのかもしれませんね。次はどこにできるのかな??と楽しみもありますが実は今クラウドファンディングを行っています。リターンはワークショップを体験できるパスポートや木の可愛らしいピアスに私も個人的に狙ってるエプロンなどあります🎶

壁紙貼ってみたい!! 床貼りってできるの??と少しでも気になった方は是非覗いて観てはいかがでしょうか??

そんなKILTAのオープニングパーティにて有難いことにケータリングをしてきました。

たくさんの方々に見守られながらの準備は緊張しますが、良い刺激となっていつも通りのコーディネイトができましたよ。

テーブルのイメージは『KILTA』とフィンランド語を使っていることもあり、先日の『美味しい二人展』というイベントに少し寄せたコーディネイトにしました。そしてみずきちゃんにもお手伝いしてもらいました!!売れっ子の彼女に来てもらえるなんて贅沢です!!

~MENU~

・鹿肉ハム
・野菜の重ね焼き
・キューブサラダ
・サーモンのおにぎり
・鶏肉とクリームキノコソース
・ベリーのスープ
・シナモンロール

IMG_2116

IMG_2120

IMG_2121

IMG_2122

IMG_2123

IMG_2124

IMG_2098

IMG_2107

ケータリング&お料理教室のご依頼はこちら!!!

今までのものがたり食堂はこちら!!

世界にたった一つのスプーンで食べるジェラート〜なつめぐの美味しいワークショップ〜

こんにちは。

夏、戻ってきましたね。雨が降ると絶対と言っていいほどの頭痛とだるさに襲われる体調の持ち主なので、晴れてて欲しいのです。かと思えば熱中症の常連でもあるので、面倒な身体をしているなーと。でも風邪はひかないんです。不思議。なんだかんだで私は丈夫で元気です。

 

さて、神奈川の端っこにある町、二宮で美味しいワークショップをしてきました。

『美味しい』ってただのお料理教室ではないんです。

今売れっ子過ぎて2020年までの予定がぎっしりのmiyazonospoonの宮薗さんとのコラボ企画でした。

宮薗さんのスプーンは使ったら病みつきになる魔法のスプーン。口の中での違和感が全くない不思議なスプーン。みなさんも一度経験ありませんか?木のスプーンってかわいいのに口にフィットしなくて食べずらいのです。でも宮薗さんのスプーンは違和感なく口の中で心地のいい形になっています。

一本一本手作りのスプーンは宮薗さんの思いが詰まった工芸品。

そんな宮薗さんを講師に迎え世界にたった一つのアイスクリームスプーンを作るワークショップ。

私はというとジェーラートのワークショップをすこーしだけさせていただきました。

FullSizeRender 6

IMG_2137

一人ずつに丁寧に用意されたワークショップの為の道具たち

FullSizeRender 5

笑顔の素敵な宮薗さんですよ〜🎶

 

IMG_2133

IMG_2141

みなさん真剣です。

 

IMG_2143

完成したスプーンを並べてみなさん3時間の長丁場だったはずなのに満足と達成感に溢れた笑顔に包まれていました。でも筋肉痛みたいになるようです。それぞれ柄の部分の形が違うのは宮薗さんが参加者さんのスプーンを持つときの手の癖を見てアドバイスしているからだそうです。
ホスピタリティに溢れるワークショップですね(^-^)

 

IMG_2144

ジェラートのワークショップではヨーグルトのジェラートをお作りしました。

季節のフルーツを最初に考えていたのですが、季節のフルーツだと食べたい時に作れたい。そう思い、季節のフルーツになんでもあうヨーグルトのジェラートにしました。

IMG_2150

FullSizeRender 3

IMG_2152

はい、出来上がったのはこちらです。

このデザートではありませんがワークショップで作ったジェラートのレシピはこちらです。

IMG_2147

IMG_2148

サクッともっちりしたメレンゲとジェラートやフルーツの酸味が心地よく、ワークショップの疲れが癒たらいいなーと気持ちを込めて作りました。

ご参加くださった皆様、ありがとうございました。怪我もなくたくさんの素敵なスプーンが誕生した日にご一緒できて幸せでした。

 

KUMIKI PROJECTのくわばらさんも(^-^)この場所があってこそのワークショップでした。早い段階から私たちのサポートをしてくださりありがとうございました。

 

 

またやりたい!!多分次は来年🎶

ケータリング&お料理教室のご依頼はこちら!!!

今までのものがたり食堂はこちら!!

美味しい二人展『白夜の星』

先日中東料理を中心にケータリングやお料理教室をしている越出水月ちゃんとフィンランドをテーマにしたイベントを開催しました。

6月末に二人でヘルシンキへ行ったのですが、食いしん坊の我々が行くのですからただ旅行と言うだけではつまらない。美味しいものを伝える!!そう思いながら旅をしてきました。

フィンランドの食事は思っていた以上にシンプルで『もっとこうしたらゲストには楽しんでもらえそうだね??』なんて言いながら今回のイベントのことを考えていました。

 

なので、先日のイベントは100%フィンランド!!ではないものの、フィンランドのいいとこ取りをしてみました。ハーブ特にフェンネルとディルの使い方、サーモンの焼き方、ベリーの使い方、シナモンロールの形、そのまま食べると味気ないライ麦パンはオープンサンドにすると最高に美味しく変身するということ、毒キノコなのにどうにかして食べちゃう国民、トナカイはハンバーガーのパテにもなっている、へら鹿だって食べちゃう(ちょっと匂いきつかったな)。などなど。5日では足りなかったけど吸収したことを私たちなりにアレンジして『美味しい二人展、白夜の星』を開催しました。

 

またやりたいね。。。。この余韻で1週間は頑張れそうです(^-^)


さわのめぐみ・越出水月 美味しい二人展『白夜の星』

 

001

 

002

 

003

 

007

そしてやっぱり今回もお願いしちゃいました。京都の天才バーテンダーセキネトモイキさん。ものがたり食堂の地方開催の時にはいつもいつもお世話になっている方です。今回彼に作っていただいたカクテルの内容はこちら↓↓↓↓↓↓

今回も素敵すぎるカクテル4種!!全部制覇した方はいますか??

047

 

049

 

070

 

009

 

011

 

015

 

017

 

018

 

020

イワシのトマト煮のオープンサンド

023

シナモンロール corvappustiといって『往復ビンタ』っていう意味何です。かわいいですよね(^-^)

025トナカイのロースト

027

クリスマスサラダのオープンサンド

029

ソーセージのオープンサンド

031

サーモンのオープンサンド

032

カリフラワー&グリーンピース&ベリーのスープ

033

034

036

ヤンソンさんの誘惑
厳格なベジタリアンだったヤンソンさんという人があまりにも美味しそう!!!と誘惑されて食べてしまったいうジャガイモ料理です。発祥はスウェーデンみたいですがフィンランドでも食べられてる料理です。

037

038

039

040

041

042

石をイメージしたベリーの一口ケーキです(^-^)

043

045

048

050

051

052

053

054

055

056

057

058

061

062

063

065

071

salmiakki 世界一まずいと言われるグミです。

072

かわいい子達もあらら、こんなお顔に。。。。でもみずきちゃんは案外大丈夫!!なんて言ってましたw

066

IMG_1669

最後のこの2枚がお気に入りの写真です🎶

 

イベントに参加してくださったみなさん本当にありがとうございました。またやります!!

そしてみずきちゃんありがとう。楽しかったよ。旅行も料理も今回のイベントも。またやろう!!

all photograph by Ricky Ishikura

 

ケータリング&お料理教室のご依頼はこちら!!!

今までのものがたり食堂はこちら!!

 

 

イギリスにやってた🎶 英伊日を少しだけ比較した。

夜の23時でもうっすらと明るくてちょっと不思議な感覚になるイギリスにはヨークに来ています。

2日前までロンドンで過ごしたのですが着いた初日から感動した事がありました。それが・・・・

 

人の優しさ

 

 

日本だって優しいじゃんと言われますし、私は比べるのがいつもイタリアになってしまうのですがイギリスの人たちは優しい!!!

ではどんなところが違うのか勝手に本当に勝手に比較してみました。(この時点不愉快な方はこれ以上みない方がいいかもです。イタリアも日本ももちろんいい人多いですからね)

 

 

重い荷物編

 

重い荷物の多い旅行中ですが、私は旅行に限らずに普段からケータリングなどがあって荷物が多め。シュチエーションはこんな感じ。

大きなキャリーバック20kg、電車に乗る時にほんの少しだけ持ち上げて電車に乗せなければなりません。

GB 列車がホームに着き、重いキャリーバックを持ち上げようとすると”あれ??なんか軽い”と思い後ろ振り向くと持ち上げてくれるオジ様がいるではありませんか!!!びっくり!!そしてウインクをして何事もなかったように立ち去って行きました。本場の紳士を目の当りにした瞬間 in London!!!

IT 重いキャリーバックを持ち上げようとすると、手伝ってくれるお兄さん!!おーめっちゃ優しい!!!と感動していると『1ユーロ』と言われる。(この場合イタリア人ではない可能性が多いです)

JP (背景が白でただの丸だけど気にしない)重い荷物を持ってます。階段です。下りでも、登りでも見てますが、手伝ってくれませんサムライな男性。なぜか手伝ってくれるのはナデシコな女性が多い・・・・・・なんでだオイ!!な東京の夜。

個人的にですが別に手伝ってくれなくてもいいのです。だって自分の荷物ですしね。でも日本で感じるのはベビーカーも持っての階段ってちょーきついはずです。ママ一人なら尚更。なので私はちょっと大変そうな人を見ると助けずにはいられません。これ別に優しさアピールではなく、普段自分も助けてもらうことがあって嬉しかったからです。

 

目があった時編

 

よくあります。観光してても通勤中でもどこでもあることです。目があって・・・・・・・な瞬間。

GB ニコっと微笑んでくれてる。なので微笑んで返します。距離が近いと服を褒めてくれたり、美味しそうなもの食べてると『美味しそう』なんて言ってくれたり不快な対応されたことありません。これアメリカも同じだった気がします。もう10年以上前ですが。

IT 【女性限定 相手がイタリア人男性の場合】
目が合うと微笑んでくるのでそれに微笑んでしまうと勘違いします。ポジティブでいいのですがタイプではない限りやめましょう。近くにやって来ます。『今まで見た女性の中で一番綺麗だ』なんて言われてもこの言葉自体がただの挨拶だと思いましょう。彼らにとって『おはよう』『やあ』と代わりありません。

JPすぐに目をそらします。自分の髪の毛が変なのかも。顔になんか付いてるかも。などと心配してます。私がいつもそう思っていることでもあります。

 

道案内編

 

道案内私は本当に苦手です。みなさんは聞かれたらどうしてますか??口頭での案内が苦手なので近だったら一緒に目的地まで行きます。時間がなければグーグルマップを開いて一緒に見てみます。時間があれば!!!とここにも書こうとしたのですが、いつも道を聞かれる時が忙しくない時なのです。さぞ暇そうに見えるのでしょう。そして英語が話せないのでとにかく笑顔で目的地まで🎶 ニコニコ。

 

GB かわいいマダムに道を聞きました。説明をしてくれ,ちょうど方向が一緒だったので途中まで一緒です。そのあと別れ道『まっすぐ行って左だよ!!』とバイバイしました。まっすぐ行って左!!と曲がろうとすると離れたところにかわいいマダムがこちらを見てることに気がつきました。『え?』とびっくりしてるとThums-upグーッ!!!と親指を立てて笑顔で去って行きました。心配で見ててくれたことにびっくりというかそのマダムが優しすぎるぞ in London!!

IT 【女性限定 相手がイタリア人男性の場合】
道を聞きます。目的地までナンパの為に付いてくる可能性があるので可能な限り女性に尋ねましょう。

JPこの辺りはみなさんちゃんと対応してくれて素敵だと思ってます。私みたいな方向音痴は交番に行って聞くのが一番です。あと近くにスタバがあると店員さんが親切なので案内してくれます。

 

 

すごい勝手なまとめ方ですみません。
何が言いたいかというと。

いつでも民意が問われている

そんな気がします。

中国に一人で行った時に道を聞きました。英語も通じません。こちらは中国語わかりません。でも行きたい場所を伝えたら目的地まで案内してくれました。結構な距離でした。でも途中もいろいろ話しかけてくれて『わからないよー』と困った顔しててもひたすら笑顔でした。

日本に来ている外国人にはやっぱり『日本よかったよーみんな親切だった』と思ってもらいたい。

普段も困っている人がいたら助けたい。

少しの優しさで誰かが助かるなら、私は嬉しいのです。親切にされて嫌な人はいませんよね。

 

一人ごとですが日本で目があって微笑んだらどうなるんだろう。。。。。。。。

 

本日はここまでです。

次はいつ書けるかなーw

 

ケータリング&お料理教室のご依頼はこちら!!!

今までのものがたり食堂はこちら!!

 

 

 

おいしい『美女と野獣』ものがたり食堂Vol’21

久しぶりのブログです。

3月のものがたり食堂『おやゆび姫』のレポートもしてないのに『美女と野獣』のレポートです。

実はいろいろあり写真がなく(涙)京都での開催もあるのでその時にしっかり写真を撮ってもらいます!!

では先日のものがたり食堂『美女と野獣』のお料理のご紹介です(^-^)

 

2017.5.19 
『美女と野獣』

きっとこの作品イメージは『黄色のドレス』『ミュージカル』『喋るポットや時計』でしょうか?

でも原作はベルがどんな衣装を着ているかも書いてなければ、ダンスシーンもなければ、喋るポットも出てきません。原作は1740年ヴィルヌーヴ夫人が書いたのが最初と言われていますが、1757年にそれを短縮して出版されたボーモン夫人の作品が広く知られるようになったそうです。(参考Wikipedia)
この短縮されたたった25ページの物語からディズニーはあんなにも有名にそしてベルを大人気のプリンセスにしたのって本当にすごい。ほとんどがディズニーのオリジナルなんですもん!!

今回はそんなディズニー色は少し控えめに原作を伝えつつお料理を提供していきました。

 

DSC_0721

DSC_0722

DSC_0774

 

 

航海の果てに

ベルはとても裕福な商人の家庭で育った三兄弟三姉妹の末娘でした。
とても綺麗な娘たちでしたが中でもベルは人が感嘆するほど美しくベル『美女』と呼ばれるようになったそうです。ある日、商人の船は嵐にあい、一瞬にして財産を失ってしまいました。。。。
そんなベルのエピソードを伝える為の一品。

ほんの少しだけボイルしたホタテとバジルとトマトの香りのジュレ、生でも食べれるスナップエンドウの実、いくらとナスタチュームの葉を添えました。ホタテの甘みとバジルとトマトの爽やかさをお届けしました。

DSC_0826

 

美食家のサラダ

 

ベルのお父さんが野獣の城に入りテーブルに置かれていたご馳走に我慢できずに食べてしまうシーンです。

ディズニーではお父さんが食べるシーンよりもベルが愉快なディナーミュージカルを交えたて楽しむシーンが印象的でしょうか。

全粒粉のクレープに包まれているのはベーコン、サルシッチャ、玉ねぎ、卵をバルサミコソースで和えたものを。そして周りには紅水菜と卵の黄身でトッピングしました。ドレッシングはホワイトバルサミコベースでラズベリーとカシスを加えました。
よくビストロにあるサラダグルマンドをものがたり食堂風にしたものです。

DSC_0848

DSC_0950

 

好奇心のスープ

珍しいことや未知のことなどに興味をもつ心の持ち主ベルを表現したスープです。
泡の部分はコンソメにパプリカの香りをプラス、泡の下にはエビのスープビスク。
エディブルフラワーとマージョラムを散らしてフレッシュ感を出しました。

DSC_0943

DSC_0948

 

野獣の角

こちらは野獣を表したものです。

実は心優しい野獣。そんな彼をドライローズをしきつめたジュエリーケースに閉じ込めました。
パイ生地にポルチーニ茸、クリームチーズを詰めました。クリームを絞ったあとに細かく刻んだかぼちゃの種をトッピングしました。

DSC_0992

IMG_9875

舞踏会~Shall we dance ~

 

説明不要の名シーンですね。

牛肉で生ハムとサージを挟んで巻き焼いたもの。こちらイタリア料理のsaltimbocca(サルティンボッカ)というお料理、サルティンは『飛び跳ねる』という意味。ボッカは『口』という意味です。ダンスシーンでは優雅に踊って魅せます。二人の心はきっと飛び跳ねるようにドキドキしていた事でしょう。

ソースはポルチーニ茸の出汁、マルサラ酒、などなどたくさんの味を閉じ込めています。

DSC_1052

 

DSC_1034

 

最後のひとひら

美女と野獣と言えば『薔薇』ですね。
原作には最後のひとひらは出てこないのですが、一本の薔薇からストーリーは展開していきます。薔薇がなければベルと野獣は出会う事なく、野獣はずっと野獣のままだったでしょうね。

砕いたクッキーにアールグレイのパンナコッタ、ラズベリーとローズのジェラート、ラズベリーのマカロン、エディブルローズの贅沢なデザートです。

DSC_1151

 

原作を読む為に買ったこちらの本ですが、美女と野獣以外にも素敵なお話がたくさんあります。でもどれも『嫉妬』『恨み』『わがまま』を持つといい事はないですよ。と人生の助言のようなお話が多かったように思えます。この時代のフランス人はそういう人が多かったのでしょうかね??そういったところを考えるのも面白さの一つだったと思います。

 

DSC_0969

DSC_0974

DSC_0998

DSC_1020

DSC_0925

DSC_0978

DSC_1157

そしておやゆび姫からテーブルコーディネイトをお願いしているハルカさん。
私の思いを表現してくれるとっても信頼できるフラワーアーティストです。実は今回は2回目だったのですが、前回と全く違うテイストにも対応してくださって本当に感動しました!!cLiftというユニットでワークショップなどをたくさん行っています!!ご興味のある方は是非お問い合わせください(^-^)

 

そして今回のお土産は最初にメニューが入っていた瓶にドライローズと薔薇の花びらを表現した和菓子、雲平を中に詰めました。デザートのパンナコッタで使ったアールグレイの茶葉も一緒にお土産にしました。そんまま食べてもいいですが、紅茶と一緒に食べても、ドライローズを紅茶に入れてもいいですね(^-^)

IMG_9872

最後まで読んでくださりありがとうございました(^-^)

 

ケータリング&お料理教室のご依頼はこちら!!!

今までのものがたり食堂はこちら!!

ケータリング:畑をイメージしたテーブルで🎶

フィンガーフード/ 18名様 2000円プラン

 

・土そぼろ(ケイジャンそぼろ)
・スコッチドエッグ
・ピンチョス2種
・畑サラダ
・ローストチキン ハニーマスタードソース&グリーンソース

IMG_8156

 

IMG_8158

 

IMG_8159

 

IMG_8160

 

IMG_8161

 

IMG_8162

日本橋のオフィスでフルコースケータリング🎶〜サイボウズさんのオフィスにお邪魔してきました〜

先日、光栄にもサイボウズ様とパナソニック様の会食のディナーを担当してまいりました。

こんな私にもこんなチャンスがあるなんて!!夢にも思ってませんでした。

緊張しながらオフィスに向かいましたが、辿り着くまでのセキュリテーが凄すぎて、さすがのIT会社ですね。着くまでにアミューズメントパークのような感覚で、ちょっと楽しかったですw

 

さて、こんなお話はさておき。お出ししたメニューのご紹介です。

IMG_8179

〜MENU〜

新しい香りのフロマージュ

HANA 箱

口どけバター 苦味と酸味

黄色いプールと香りの女王

山と森と海と

森の宝石との出会い

雪解け、春の訪れ

ものがたり食堂ではなかったのですが、いつも通り少し何が出てくるか考えてもらえるようなメニューにしました。

 

新しい香りのフロマージュ

新鮮なフロマージュブランに菜の花のカラスミ和え、そして、芽キャベツとディルの白ワインビネガーマリネ、そして、最後にカラスミを。
新しい香りとは『お新香』の事、『香の物』と言われた発酵食品と西洋の発酵食品組み合わせてみました。

FullSizeRender 2

HANA箱

有機野菜をたっぷりとジュエリーケースのなかに閉じ込めたサラダです。
ドレッシングは日向夏ときんかんを使った柑橘さっぱりしたものを。

 

口どけバター 苦味と酸味

こちらは前回のものがたり食堂の『雪の女王』でお出しした時に好評だったもの。
フォアグラにマンゴーそして、カカオニブのトッピング。

IMG_8185

 

黄色いプールと香りの女王

こちらはサフランとポルチーニ茸を使ったリゾット。
サフランは最も高価なスパイスとして知られていますが、ここに別名香りの女王のポルチーニ茸を使った贅沢な一品です。もちろんたっぷりのパルミジャーノ レッジャーノを使いました。36ヶ月熟成!!

IMG_8187

 

山と森と海と

名前の通り山と森と海の食材を使いました。
メカジキの生ハム巻き、天然の車海老のグリル、ロマネスコのマリネ、ハーブのソースと北海道産ウニのソース。

IMG_8188

森の宝石との出会い

シャラン産の鴨ロースト、マッシュポテトは黒トリフをたっぷりにラズベリーのソース。
目にはあまり見えませんが白トリフのオイルも贅沢に使いました(^-^)
森の宝石と言われるトリフ。黒、白と両方楽しめる一品になりました🎶

IMG_8193

 

雪解け、春の訪れ

ホワイトチョコの上には杏子のガナッシュを挟んだマカロン。

IMG_8196

IMG_8197

こんな風にコンコンとホワイトチョコを割って中に落としてもらい、様々な食感を楽しんでもらえるようにしました。中には、パッションフルーツ、レモンカード、ヨーグルトのムース、ビスケット。

IMG_8194

 

どんなお食事会だったかは内緒ですが、楽しんでいただけたようで、ホッとしましたw

いつも美味しいお料理をたくさん食べている方々なのでどうなることやらと心配でしたが、なんとか無事にデザートまでお出しすることができました(^-^)

サイボウズの青野様、パナソニックの津賀様をはじめとする皆様本当にありがとうございました(^-^)

そして、こんなチャンスをくれたKitchHikeさん毎度ながら沢山のご縁をありがとうございました!!

最後はお願いして写真撮影〜🎶

IMG_8199

ちゃっかり真ん中に入れてもらいましたm(_ _)m

サイボウズさんのオフィスは入った瞬間からすごーく親近感の湧くスペースになってました。

お子様同伴での出勤もしているそうで、すごい会社ですよね!!さらに副業も推薦していると。最近は増えてきているそうですが、『100人いたら100通りの働き方』という新しいワークスタイルの試みもあるそうなんです。こちら読んで、コックさんじゃなかったらここで働きなかったと思いました🎶そのくらい魅力的な会社でした。今度はゆっくりオフィス見学に行きたいくらいですwだって、見てください。ぬいぐるみにまで、ちゃんと名前があって、社員番号も付いているそうですよ!!いいなーこの羊さん。就活生たちに嫉妬されるぞ。

 

IMG_8201

 

最後にお土産として、こんなものをいただきました。

FullSizeRender 2

オリジナルのパックw

本日はこれをつけてゆっくり寝たいと思います♡

サイボウズさん、最後まで本当にありがとうございました!!

 

ケータリング&お料理教室のご依頼はこちら!!!

今までのものがたり食堂はこちら!!

 

ALCOHOL LAB ~クラフトジンのお勉強にいってきたました〜

クラフトビールが流行っていて、本当はダメなんですが、私の友人たちのクラフトビールにはまっている人たちがいます。どんな味になるかワクワクしながら発酵を待って、瓶に詰めて、オリジナルのラベルとか考えちゃって。楽しいですよね。何かを生み出すってこと。

 

先日はクラフトビールではなく、クラフトジンのお勉強に行ってきました。

講師はセキネさん。

先日のものがたり食堂宮島で素晴らしいスペシャルカクテルを作ってくれたセキネさんのお勉強会でした。

セキネさんってだーれ??な人はこちら↓↓↓↓↓↓

 

すごいんですよー!!本当にセキネさん!!

京都の方はぜひ遊びに行ってくださいまし🎶

 

 

はい、クラフトジンってなーにとなりますがセキネさんが提案しているものは特別なものを用意しなくてもできちゃうのでぜひ試してみてください🎶

蒸留というところからやるとかなり大掛かりな設備といろんな許可を取らなくてはいけないので大変!!でもこの方法なら、はい!今日からあなたも『私、クラフトジンやってるよーん』といえちゃいます。たぶん。

その前にジンってなーに??聞いたことあるけど、カクテルのやつ??って方はgoogle先生に聞いてみてくださいw 私も勉強中の身ですので変なことはいえません。

IMG_8041

 

材料はジン。そして、入れてみたい素材。

 

たったこれだけ。

セキネさん曰く、ジンんオススメはウィルキンソン ジン 47.5度 瓶 720mlのジンだそうです🎶

入れてみたい素材??

そう迷いますよね。でもきっとこの勉強会にあったラインナップを聞けば安心できます。

じゃん。こちら。

IMG_8078

ホップ、ハイビスカス、ラベンダー、シナモン、カルダモン、コリアンダー、などなどなど。

そして、おどろくなかれ、変わりネタ。

IMG_8045

バター、干しエビ!!

 

ここには見えてないけど、ポルチーニ茸、ごぼう、ヒノキをカンナで削ったやつなどなど。

 

ねっ??なんかよく分からないけど、勇気が湧いてきませんか??w

バターの衝撃は笑えました。本当にちゃんとバターなんです。

私のお気に入りはレモン、ごぼう、ポルチーニ、カルダモン、ラベンダー、などなど。単体でもすごい面白かったのですが、いろいろと混ぜると楽しいのです。

端っこから、全部味見していったのですが、普通に酔っ払いましたw。ソーダやジンジャーエール、トニックなどもあって理科の実験のような感覚でした🎶

 

IMG_8046

この季の美はメイドインジャパンのジンなのです。京都で作られている日本で唯一のクラフトジン。

ゆずとか、玉露とか日本の特有の植物や果物が入っているんです。ジンなのに森の中にいるような、空気の透き通ったジンでした。

IMG_8047

こちらはオーストラリアのジン

ボトルのおしゃれ感ももちろんですが、地元でとれたマカデミア、ローズマリー、ハニーレモンマートルなど11種類のボタニカルが配合されているんです。すごーくデリケートな香りでした。

IMG_8048

そして、こちらは食のセンスが抜群の国スペイン産のジン。

これがおいしかったー!!ジンって言われなくちゃわからないカモです。参加者でラムネみたいだねーなんていいながら味わいました。スペインってずるいでしよね。ごはんも、スイーツもワインも、なんでここまで食のセンスがいいのか。と思うくらいです。あースペイン行きたい。

 

ジンといえジントニックですが、写真のこれらぜーんぶジントニックなんですって。

IMG_8042

食べ物もそうですが、ひとくくりにはできない魅力が満載ですね。

もともとスピリッツの中ではジンが好きでしたが、これがきっかけでジンにまってしまいそうです。

 

セキネさんありがとうございました。

 

ケータリング&お料理教室のご依頼はこちら!!!

今までのものがたり食堂はこちら!!