ヴェニスの商人のあらすじ〜ガラスで味わう物語〜

6月の中旬、ものがたり食堂『シンデレラ』をご一緒させて頂いた北参道のヴェネチアンガラスとコスチュームジュエリーを取り扱う素敵なお店『chisa』さんにお声がけ頂き、コラボイベントとして2回目のものがたり食堂を開催致しました。

1回目の開催は多くの方にヴェネチアンガラスの魅力を感じてもらえる機会になったと思います。『ヴェネチアンガラス』聞いたことはあっても、手に取って見ることはなかなかなかったと思います。ヴェネチアのお土産屋さんで見かけるお手頃なあのガラスたちは今では中国製が多く、ヴェネチア共和国の繁栄と共に磨かれてきたガラスの技術を身につけている職人たちも残念ながら少なくなっています。

そんなヴェネチアンガラスを身近に感じて頂く為、去年に引き続き『chisa』さんにてシェイクスピアの『ヴェニスの商人』を題材にものがたり食堂を楽しんで頂きました。

【タイトルは知っている】
『ヴェニスの商人』はあまりにも有名ですが、これってきっと名前だけ。だったということを今回知ることができましたw みなさんは読んだことありますか??演劇で見たことのある方もいるかもしれないのですが、小説を開いてみると台本のようになっていて、私は慣れるまでに時間がかかりました。

そしてこの物語。食事を構成する上で物語を説明するにはとっても複雑でした。

登場人物が多く、名前を覚えられません。さらに途中で変装して登場する人物もいるのです。

読んでからくる方もいらっしゃったのですが、『知らなくても大丈夫』がものがたり食堂でもあります。(いつからそんなだったっけ??)今回正直一番頭を悩ませたのは、お料理の構成ではなく、物語の説明が一番難しかったです。登場人物を貼ったホワイトボードが必要だったと思いました。

【あらすじ】
『お金持ちの綺麗な女の人と結婚したい!!そうすれば多額の借金も返せる!!でも結婚を申し出るのに先立つものがない!!だからお金貸して!!!』

というちょっとどうしようもない青年バサーニオの一言で物語は展開していきます。

さらにこの青年がお願いしているのはタイトルになっているヴェニスの商人で親友のアントーニオ。実は彼にも借金をしているのに、さらにお金を貸してくれ!!という。本当にどうしようもない青年。
人のお金で結婚を申し込むという、斬新なプロポーズの準備です。

しかも

富豪の娘の父の遺言で 金 銀 鉛の3つの箱の中から娘の肖像画の入った箱を当てられた者だけが結婚できるという・・・・・。つまり賭けなんです。

さらに

ヴェニスの商人の全財産は航海中の商船にあり、お金を貸せる状況ではありません。

しかし親友の為と思い、ヴェニスの商人は高利貸しで有名なユダヤ人シャイロックの元へ
お金を借りに行きます。

この頃のヴェネチアではユダヤ人はキリスト教徒から迫害を受けており、ゲットーというところで生活をして夜はそこから出ることが許されませんでした。ゲットーから出るときには赤い帽子をかぶる
決まりがあり、差別され屈辱的な扱いを受けてきました。

そんなユダヤ人はひょんな事から侮辱してきたヴェニスの商人にお金を貸す事になりました。このとき、キリスト教徒は利子を取らないという教えを見習ってユダヤ人も利子を取らない事にしました。
ただし、期限内に返済できなければヴェニスの商人の肉を1ポンド頂くという条件付きでした。

ヴェニスの商人は簡単に返済できると思いこの条件を受諾しますが、商船は難破し全財産を失ってしまう。ユダヤ人は屈辱的な扱いを受けて恨みを募らせていたヴェニスの商人に復習ができる!と喜びます。

—————————————————————————————————————————-

 

いつもだったらお話の流れと一緒にお料理の説明をしていくのですが、今回は先に簡単なあらすじを書かせて頂きました。私も混乱してしまいそうだったのと、かなり長くなってしまいそうだったからです。ですが、もっと詳しくちゃんとお話を知りたい!!という方はこちらを↓↓↓

 

メニューの説明は次回書かせて頂きます(^^)