クリスマスの過ごし方

2014年12月24日 5:49 PM  /  すべてのBlog

こんにちは、おにぎりの具が大好きな筋子の時はやたらテンションがあがります、めぐみです。今日は高菜でしたけど。少しテンションは高めです。

 

今日はクリスマスイブ!!

2週間前からでしょうか??街のイルミネーションの明るさ以上に皆さまキラキラした顔で大切な人へのプレゼントを選んだり、パーティーだってことでどんなおもてなしをしようか??とお料理やお菓子の相談を受けたりとかしてます。皆さまそれぞれ素敵な過ごし方がありますが、そのほんの少しでもお手伝いになってると思うと幸せです。

さて私はというとですね。

正直にいいますね。。。。。

 

 

 

 

クリスマスなんて嫌いだ!!!!!!

 

 

 

 

と大きな声で叫べませんが、好きではありません。

 

 

 

理由:良い思い出がない。

 

 

 

 

しょうがないです。飲食やっている方ならきっと分かってくれるかも知れませんが。仲良しのお友達が呼んでくれたパーティーには仕事でいったことはありません、むしろ仕事中は一年で最も過酷な戦場にいる気分になりますし、運悪く入院して病院で迎えたこともあります。看護婦さんが「メリークリスマス!!」なんて言ってくれませんし、夜に出てきたクリスマスケーキがより私をむなしくさせたりと。極めつけ。。。。。。それは

 

 

イタリアで過ごしたクリスマスが孤独だった(;_;)

 

 

 

私はイタリアで2回クリスマスを迎えましした。

 

イタリアでは、というかヨーロッパではスーパーもお休みですし、飲食店だってどこもかしこもしまっていて本当に街は静かになってしまします。前日に大量の材料買い込んで沢山の料理を作って家族で過ごすのです。

そのころ私はシチリア人の彼がいて、クリスマスに実家に帰らないという彼と一緒に過ごす約束をしていました。

23日には彼の家に行って飾り付け。

24日にはローストチキンの準備、ハーブでマリネしてオイルでコーティング。「明日は楽しみだね!!また明日ね!!」と言って彼に見送ってもらい、帰宅後や夜中にケーキを作りました。その日にお泊りしても良かったのですが、どうしても私の作るケーキを食べてもらいたくて「絶対帰る!!」と帰ってき来たのです。もちろんサプライズ!!イタリアではクリスマスに生のケーキを食べる習慣がないようで、”パネットーネ”という甘いパンを食べて過ごします。なので、チョコレート好きの彼に作ったのはチョコレートムースのケーキ。

味もばっちり!見た目も可愛くできた!!!あとは持って行くだけ❤

ウキウキしながら次の日の準備を終わらせて、就寝。

 

翌日

 

 

お迎えの時間になっても連絡なし。

連絡しても繋がらず。寝てるのかな?と思って少しまってまたかけ直すが。出ない。

色んな不安が頭をよぎって、「事故だったりしたらどうしよ。」と思ったり。

ただ寝ててくれたらいいなと思いました。

それから一時間くらいたってから。電話が鳴った。

 

私「もしもし?大丈夫??なんかあった?」

彼「あぁ 大丈夫、めぐみは元気?」

 

元気??ってお迎えの時間はとっくに過ぎているし平然としている彼の後ろはなんだかめちゃくちゃ賑やか!!少し混乱気味で私か確認した。

私「えっと。今どこに居るの??」

彼「家だよ!!」すごくご機嫌な感じで答える。

私「えっと。今日クリスマスで一緒に過ごすんだよね??迎えに来てくれる時間過ぎてるんだけど。。。。」

彼「知ってるよ。」

 

 

私((((((;゜口゜))))

知ってるよって平然と言われて、でもなんだかご機嫌の彼。でもなんだか様子がおかしい。

私「酔ってるの?」

彼「酔ってもいる」

ますます意味が分からない。「酔ってもいる」。。。「も」ってなんだよ!!!!どーゆーことなんだ!!!もうそして何より彼の後ろが賑やか過ぎ!!!!

ちょっと不安ながらも確認

私「誰かいるの??」

彼「うん!!!000と0000と000と00000とあとは。。。。えええっと・・・・・・・。」

 

 

 

 

なんなんだ!!!どーゆーこと????

 

説明します。

私がチキンを仕込んで帰ったあと彼は一人でいるのが嫌だったらしく、実家に帰らない友達を集めて飲み会を始めたらしいのです。最初はただ飲んでただけだったらしいのですが、悪乗りしすぎてマリファナを楽しみはじめたとか。。。。そして気が付いたらお昼も過ぎていて、仲間たちもまだまだ入り浸りと。私を迎えに行く時間も過ぎていて、さらに迎えに行くのも面倒になったとか。来たければタクシーでおいでよというし。しまいには、帰ってしまった私が悪いと言い始め、人のせいにする始末。

 

こんな感じの説明を、タラタラと時たま笑いながら、酔ってるのやらラリっているのやら。(私は彼が笑うたびに、怒りの感情がふつふつと出てくるのを感じてましたが。)話していました。

 

もちろん私は怒りましたよ。むしろ悲しくてそして呆れました。でもね、イタリアに行ってまだ一年も経っていないのにどう怒りを表していいのか、どう悲しみを言葉で表して良いのか分からず、もう訳が分からず気が付いたら口からポロポロと色んな汚い言葉を言ってました。

VAFFANCULO!!!!(くそったれ!!危険度★★★★★)

SEI STRONZO!!!!(ばかやろ!!危険度★★★★)

MERDA!!!!(う○こ!!!危険度★★)

TESTA DI CAZZO!!!!(このやろう!!!危険度★★★★)

CHE CAZZO VUOI!!!!!(何がしてぇんだ!?危険度★★★★)

 

(危険度は「ネットでイタリア語」で」調べました。ありがとうございます。)

 

はい!!!ここでベネトと働いていた時に覚えた汚い、それは下品な言葉たちを一気に使う絶好のチャンスでしたね!!もうこんな事しか言えないので、言うだけ言って電話を切りました。

 

その日はケーキも食べずにふて寝。

26日もイタリアでは祝日でクリスマスムードを引きずるので。どこも開いてない。ケーキを食べてみるもなんだか味も感じない。悔しさとイライラとは味覚さえも変えるのです。

正気になった彼からメールが来ても、もちろんシカト。電話もね。

 

 

そんなクリスマスを過ごしました。

 

 

 

 

で!!!後日、彼はとても反省した様子でごめんねと。許してくれと。

まぁ別れましたよ。タイミング良く彼もシチリアに帰るとかで一度会って少し話して、変な感じでお別れするのも嫌でしたしね。なのでどーでもいい話から、シチリアに帰ったあとの夢の話とか。私もシチリアに一緒にいこーかなーなんて話もしたな。。。結果行かなくて良かったけど。

 

 

別れ際

彼「じゃ元気でね!!シチリア来た時には連絡してね!!あっ!!そうそうめぐみが準備してくれたチキン美味しかったよ!!!!マリファナやりながらオーブン入て忘れてて真っ黒に焦げてたけど、中の味は美味しかったよ!!!ママの作るローストチキンはもっと美味しいけどね!!!はははは」って

 

 

・・・・・・・・・・ははははじゃねーよ!!!!!食べたのか!!!しかも焦がしたのか!!!!それとママのと一緒にすんな!!!

 

 

 

 

まとめ

私はクリスマス運がない。

 

 

追伸

ニ回目のイタリアでのクリスマスの悲劇はまたいつか★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者プロフィール

さわの めぐみ

さわの めぐみフードディレクター
2年間イタリアへ修行、帰国後、イタリア料理という枠から飛び出し様々な料理を楽しんでもらえるようお店を持たず、ケータリングという形で料理を提供している。
ケータリングや『ものがたり食堂』を中心に活動。

『持たない暮らしの簡単つくりおきレシピ』監修
『新刊わかったさんシリーズ』レシピ監修。

この記事のタグ  /  , ,