ものがたり食堂Vol’14「アルプスの少女ハイジ」&ものがたり食堂の実験室のご案内。

こんにちは!!

先日行われた『ものがたり食堂』Vol’14!!今回は『アルプスの少女ハイジ』が題材でした。そして、はじめてのコラボ企画。pan-ya.comの清水さんと一緒に美味しい時間を作っていきました(^-^)

いつかやりたいと思っていた題材でしたが、清水さんからお声がけくださりいつも以上に食材のクオリティが高かったと思います!!

さて『アルプスの少女ハイジ』と聞くとみなさなはどんなことを想像しますか??

 

2016/3/18 

『アルプスの少女ハイジ』

写真 2016-03-18 19 27 40

 

アミューズ『ユキちゃんのサラダ』

お話に出てくるヤギのユキちゃん。そんなヤギから作られるチーズを使った一品。

チーズの名前は『モテ・シュール フォイユ

栗の葉っぱに包ま得て熟成されます。個人的には癖のあるチーズが大好きなのですが、アミューズのアクセントに使うのと苦手な方もきっといると思ったので食べやすいこちらのチーズを選びました。

3501e708

 

ボイルしたビーツとブロッコリースプラウトとベビーリーフ

ちょこんと一粒添えてあるのはブドウのコンポート

最後にサラミとシェリービネガーのシンプルなドレッシングで仕上げました。

IMG_1805

 

前菜『小鳥の巣』

フランクフルトへ行ったハイジはクララと仲良くなり、ときには喧嘩をすることもありました。

小鳥についての喧嘩のシーンで、ハイジは山や森で自由に飛べる鳥の方がずっと幸せだと言い、クララは鳥かごに居る方が絶対に安全で幸せだと言います。いつしか小鳥がどこにいたら幸せかではなく、ハイジとクララの育ってきた環境を話しているようでした。

まだ生まれる前の小鳥の巣をイメージした前菜。

さて、みなさまは山で暮らす小鳥と鳥かごの中で暮らす小鳥どちらが幸せだと思いますか??

写真 2016-03-18 19 34 09

フリットしたパスタに半熟卵をのせて

トンナートというイタリアのピエモンテ州のソースを作りました。このピエモンテ州はイタリアのアルプスに面している州でもあります。

ツナとマヨネーズと使ったソースです。もちろん自家製のマヨネーズでお作りしました。

944977_1007804989302507_2696343990170373059_n

 

二つ目の前菜『エスカルゴバターのお楽しみ』

犬のヨーゼフの大好物カタツムリ!!

実際にはカタツムリやエスカルゴではありませんでしたが、エスカルゴ食べるときに使う香草バターを『エスカルゴバター』と言います。

にんにくの効いた香り豊かなバターです。このバターを使って築地で仕入れてきたハマグリを楽しんでいただきました!!

春の味覚、ハマグリと菜の花の組み合わせはもちろん最高に美味しいですが、ここにエスカルゴバターがより風味をよくしてくれました。

黒パンはロッゲン・シュロート・ブロート(粗挽きライ麦パン) 酸味あり、焼く前と焼いたあとでは表情が変わるとても美味しいパンでした。

写真 2016-03-18 20 00 26

メイン『山小屋のご馳走』

ハイジといえばこれ!!というくらい!!きっとみなさまも一度は見たとこがあると思います。

スイスのラクレットという牛のチーズなのですが。。。。。

20101119094639-1

 

 

本物がこちらです!!

写真 2016-03-18 20 16 25

 

こちらのチーズと合わせるものはハーブソーセージと自家製のハムとザワークラウト、そしてホクホクのじゃがいもでした!!

IMG_1818

 

ここに贅沢にたっぷりのラクレットをのせて

写真 2016-03-18 20 39 32

 

 

どろーーーーん

10403712_1007805069302499_2990636727779026243_n

清水さんはこの機械をフランスで購入してきたそうで、、。もちろんラクレット専用!!そしてこのナイフもラクレット専用!!本当に清水さんのこだわりと探究心にはいつも驚かされます!!そしてこのメインと一緒にお出ししたのが『白パン』でした!!よく見かける真っ白でふわふわの白パンではないのです!!

写真 2016-03-18 19 02 14

清水さんからの説明

「アルプスの少女ハイジ」の舞台は1800年代後半。日本では「ハイジの白パン」という真っ白フワフワなパンがパン屋の店頭に並んでいるのをみかけますが、あの白パンはあくまでもアニメから想像して作られた日本オリジナルのパンで実際の1800年代にはあのようなパンは存在しません。調べてみたところ、原作の小説では白パンではなく「ゼンメル」と表記されているのです。ハイジはクララが住むドイツのフランクフルトに居住するようになり、ゼンメルの存在を知り、歯の悪いペーターのおばあちゃんに「ゼンメルを食べさせたい」と思うようになりました。今ではすっかり当たり前ですが当時の贅沢品であった白い小麦粉のパン。「ゼンメル」これが正真正銘のハイジの白パンです。

 

チーズとハードパンをこよなく愛する清水さんからの説得力ある説明で『えーーー!!そーなんですか??』との声もチラホラ。私も忙しいながらも心の中でそう叫んでましたw

 

デザート『修道院生まれの大人のティラミス』

フランスのアルプスの麓にあるグラン・シャルトリューズ修道院で生まれたリキュールを使ったデザート。

リキュールの女王とも称されるほど。

薬草系のリキュールでフランスの万能薬とされているそうです。

簡単にいえばオシャレな養命酒といったところでしょうか?こんなこと言うとファンに怒られるかもですが、私は養命酒の味けっこう好きですよ(^-^)

chartreuse-veer

このリキュールを使うとなってからは昔働いていたお店の先輩に連絡をして相談しました。BAR hashishi の店長マティさんにいろいろアドバイスをしてもらってやっと美味しいデザートができました!!

こちらアルコール度数がけっこう高いので、アルコールを飛ばそうとしても鍋の中で火がガンガン燃えるので自動火災報知機がなるんじゃないかと、心配で心配でドキドキしながらの作業をしました。

 

写真 2016-03-18 21 19 05

見た目はとーってもシンプルなのですが、コーヒーは使わないティラミスです。

卵黄たっぷりのクリームにマスカルポーネを合わせて、マーマーレードジャムを加えました。スポンジにはコーヒーの代わりにシャルトリューズを染み込ませて爽やかに仕上がりました。

 

 

 

 

 

そして今回のお土産はこちら。。。。

IMG_1804

アルプス繋がりでモンブランを作りました。

モンブランといえば栗を想像すると思いますが、由来はアルプス山脈を見立てたデザート。ものがたり食堂では季節に合わせて桜のモンブランをお土産に致しました。中は桜あんを外のクリームは練り切りで作った和菓子です。

 

初めてのコラボ企画!!チーズとパンの相性は本当に奥が深くて、もっと知りたい!という気持ちにさせてもらいました!!今回はチーズだけではなくてリキュールも改めて勉強したいと思いました。私の食への探究心はまた深まった気がします!!!最近はまた和菓子にもハマり初めていて、和菓子教室のご希望の方もいらっしゃるのがとーってもありがたいです。和菓子はもう少しお待ちくださいね!!

 

〜次回のお知らせ〜

ものがたり食堂は残念ながら2ヶ月お休みを頂きます。もしかしたら3ヶ月かも。。。。。でももしかしたら1ヶ月でまたやるかも。。。w

食堂はお休みですが、一緒にものがたり食堂をつくるお料理教室を開催します!!

いつも、『どんな風に考えているの??』『どうやってつくるの??』と質問を受けるのですが、なんとなく美味しくできそうだからやってみた!!というのがほとんどだったのです。でもやっぱりコツというものがありますね。私の中で当たり前になっていた事ってきっと美味しさのヒントになっているんだと思います。

お料理教室と言いましたが、どんなものが美味しくなるかの??相性を探っていきたいと思います。相性って食材同士もあるのですが、食べる人と食材との相性もあると思います。『香り』『食感』『見た目』『好み』など…..

なので、ものがたり食堂の実験室では、一人一人に合わせた美味しさを発見できたらと思っています。そんな場所で私自身も学ばせてもらえたら嬉しいです。

▼メニュー▼
ー前菜ー
オリエンタルなスペシャルドレッシング で味わうサラダ

ーメインー
基本の美味しいトマトソース
鯖の香草パン粉焼き

ーデザートー
ものがたり食堂のティラミス

・前菜では盛り付ける時の工夫と見せ方を一緒に考えます。
・メインではパスタにも使える万能トマトソースにプラスαでバリエーションを増やします。
・デザートでは皆様1人1人がオリジナルのティラミスを完成させるお手伝いをします。

作ったあとは一つのテーブルを囲んで一緒にお食事をしましょう!
基本のトマトソースとティラミスは、お持ち帰りできますよ〜!

■料理教室の時間割
11:00〜13:00 料理教室 *実際に調理を体験いただく形式です
13:00〜14:00 実食タイム *参加者全員で食べながら交流します

お申し込みはこちらです!!

https://ja.kitchhike.com/jp/popups/56e6ea786b697476310f0000

 

どうぞよろしくお願い致します(^-^)

ものがたり食堂Vol’13 『チャーリーとチョコレート工場』とちょっと思った事。

こんにちは。

先日のものがたり食堂vol’13も無事に開催することができました!!

今回のテーマは映画にもなったイギリスの児童小説『チャーリーとチョコレート工場』でした。

個人的にこのミュージカルのように急に始まる音楽が好きで、特にオープニングの人形たちが燃えていくシーンとバイオレット(ずっとガムを噛んでいるボブの女の子)のシーンがお気に入りです。全然食には関係ないのですが脱落していく子どもたちのテーマソングがそれぞれスタイルが違ってとても興味深かったのです。パーカッシブだったり、ロックだったり、サイケでヒッピー、そして70年代。どこか統一性はあるけどスタイルはバラバラ。これは私にとってフルコースを食べてるような感覚になりました。何が出てくるかわからない。でもきっと裏切らない。遊びゴコロがあって見ていて楽しい。そして美味しい。そんなお料理を作って行きたいと思える作品になりました。

 

2月ということで、1週間遅れてしまいましがバレンタインを意識してチョコレートを使ったお料理と前回より1品多くなってグレードアップしました!!

 

 

2016/02/19

チャーリーとチョコレート工場

 

12744221_965371730214229_4938638836148894563_n

アミューズ『永久にキャベツだけのスープ』

チャーリーの家は両親とおばあちゃん2人おじいちゃん2人と7人暮らしの本当に貧しい暮らしをしていました。食べるのにも困るほどで、食事はいつもスープ。具がほとんどなくていつもキャベツが入ってました。あるお話の中でお母さんが大人の永久は=長い間という意味よ。と教えてくれたのですが、そんなスープにケチをつけるようにジョージおじいちゃんが『永久にキャベツだけのスープ』と言ったのです。このジョージおじいちゃん口は悪いのですが、チャーリーが家計を助けるため金のチケットを換金すると言った時、止めてくれたのがジョージおじいちゃんでした。

IMG_1521

そんなエピソードからできたキャベツのスープです。

3種類のキャベツを使ってスープ、マリネ、ピクルス。味は本当にシンプルに仕上げました。

スープはオリーブオイルでゆっくり炒めてヒマラヤ塩で仕上げたものをペースト状にして。

芽キャベツのマリネはオイルと塩だけ。

紫キャベツは塩とアップルビネガーだけで仕上げました。

本当にキャベツだけ!!なのですがそれぞれのキャベツの美味しさを最大限に出した一品になりました。

 

ーひとつめの前菜ー
ブルーでブルーなパイ

 

charliechocolate_2r

個人的にとっても好きなバイオレット!!ずっとガムを噛んでいてとっても強気!!でもまん丸にされちゃうのがたまらなく可笑しくてかわいいのですw まだ実験途中の一つでフルコースが楽しめるガムを食べてしまい、問題のデザート『ブルーベリーパイ』が原因で体はまん丸に、そして青く染まってしまったのです!!!

IMG_1524

そんなブルーでブルーなパイは、ブルーチーズのタルトにブルーベリーソースを。そしてキャラメルソースでお楽しみいただきました。

 

ーふたつめの前菜ー
くるみとチョコレートと…

f1b8094a7b66d6fab71304bd014b41d2ca10475d

ここのシーンではくるみを剥くのは機械ではなく、リス!!!!機械の代わりにリスが殻を剥いてくれるんです!!

なんでも欲しがりのベルーカはたくさんのペットがいるのにも関わらず、今度はここのリスが欲しいとか!!!

リスはくるみの中身を叩いて判断して、悪い身が入っているものはゴミ箱へ!!!もちろんベルーカの頭はすっからかんなので、ゴミ箱行きでした。。。。

DSC_2173

ということで、2つ目の前菜はくるみとチョコレートと牛肉となりました。

くるみはゴマと合わせてソースに、チョコレートも少し酸味を加えてソースに、2種類の苦味の違ったソースに合わせて牛肉は赤みが美味しいローストビーフにしました。

 

ーメインー
ものがたり食堂のポジョデモーレ

DSC_2167

ポジョ pollo (鶏) モーレmole(ソース)

これはメキシコ料理の一つなのです。なのでスペイン語。

開催する時まで 前置詞には 『de』だと思ってたのですが、どうやらいろいろ調べて行ったら『en』ということがわかりました!!

なので pollo en mole (ポジョエンモーレ)になるそうです!! お越し下さったみなさま失礼いたしましたm(_ _)m

モーレって聞いたことありませんか? そう!!ワカモーレ!!

実はスペイン語ではソースの意味が2つあって、salsa(サルサ)とmole(モーレ)があります。サルサはスペイン語で、モーレはメキシコの先住民族の言葉なのです。みなさんご存知のguacamole(ワカモーレ)はアボカドのソースという意味になるんですね。

ではなぜこのポジョエンモーレを作ったかというと、チョコレートが入っているのです。鶏肉にチョコレート??と思われる方もいらっしゃるとおもうのですが、とーっても美味しいのです!!!

 

12705782_990238784392461_8812386343562044538_n

普通は、ソースをペースト状にして焼いた鶏肉にかけるスタイルなのですが、今回はそのままシチュースタイルでご提供いたしました。それもクスクスと一緒に。

スパイスはシナモン、クローブなど、それにレーズンが入っていて甘みを引き出してくれるんです!!

 

ーデザートー
甘い泉のお楽しみ

DSC_2212

デザートはこれ!!きっとみなさん喜んでくれると思ってなんとか手に入れました!!!チョコレートファウンテン!!

当日までに届くかハラハラドキドキしました。問い合わせは1ヶ月以上も前からしていたのに一向に連絡がなく、どうやらアメリカから輸入しなくてはならなかったのです。コンセントの形のチェックやらなんやらで、本当にドキドキした日々でした。

でもやっぱりこれにして本当に良かったと思いました!!チョコレートも贅沢にたっぷり1.5kg!!しかもクーベルチュール!!なかなかこんなに贅沢な美味しいチョコレートを味わうっていうのはないと思いました。何よりみなさんが楽しんでくれてるのが本当に嬉しかったです!!

 

さて、今回のお土産は……….

IMG_1517

サイケなドーナッツでした。

今回の物語のイメージはカラフルで甘くてちょっとサイケ。。。。朝ごはんにということで、次の日もものがたり食堂が素敵な思い出であるようにと思って作りました。超絶激甘だったと思います。。。。w

 

 

 

ー思った事、悩んだ事、解決した事、やりたい事ー

正直、去年より一気に1500円もあげることにとても抵抗もありました。もう誰も来なくなってしまうかも。。。。と凄く悩みました。

でも、そんな悩みを解決してくれたのはお客様でした。『もう少し価格を上げた方がいいよ?美味しいだけじゃなくて、楽しいし、いつも驚きがあるんだから。これを安くしてはダメよ??』と……とても有り難いお言葉を頂きました。勿体無いお言葉ですね。仕込みの時間はもちろんですが、メニューの構成や前菜からメインまでのバランスを考えて、お皿に表現して行くことまでの事を考えてお話してくれたんです。もちろんそれまでのプロセスだけではなく、本当に使いたい食材を妥協していたのもありました。

ものがたり食堂は毎日オープンしているお店ではありません。レストランやカフェでランチを安くできるのは、ディナーがあるからです。(そうじゃないところももちろんあります!)お店のほとんどがディナーメインのお店だと思います。ディナーに向けて準備をする。つまりディナーでさばききれなかった食材や材料を使うので、コスパがいいのです。お店ではお客さんがこなくても万全の体制で準備しています。どんなに美味しいものを作ってもメニューから選ばれなきゃ残って捨ててしまうことだってあるのです。そんな食材をランチにする。そういったところがほとんどだと思います。さらに、付け加えると安く仕入れるコツは交渉です。

わたし『フォアグラ月に10万円分買うからちょっとさげてくれませんか??』

もちろんお願いするだけではダメで、業者さんが困っていたら助けてあげる事だって重要です。

業者さん『今月売り上げ低いんで、何か買ってくれませんか〜??』

とかやってましたが、なんて交渉はレストランやカフェ店舗を持ってるところにかぎるのですよ〜〜〜〜〜〜〜。

 

なんか打線しそうになりましたが、なにが言いたいかというと。

コスパの良いレストランのランチと比べられてとても悲しかったのです。

『〜のレストランのランチより高くなっちゃうの??あらま!!!』

と言った感じでした。すみません、愚痴ですねwいや、本当にただ悲しかったんです。でも一応説明しておくと、ものがたり食堂はディナーですw

1日だけという特別なお料理を考えるのに頭フル回転させてます、全然売り上げにならなくても続けてきました。売り上げどころか『これが良い!!!』となると高くてもその食材を使いたくなるという、どうしようもない私もいたのです。でも、妥協したときはなんだか納得のいかない時もありました。

ちょっと悲しかったけど、勇気をだしてみたら、自分がやりたかったことができたのです。牛肉!!使いたかったけど、なかなか手が出せませんでした。チョコレートもクオリティの高いものを使うとやっぱり違う!全然違う!!スパイスだって、フルーツだって、野菜だって、妥協しないで食べてもらいたいものを提供したいのです。

本当、これだけなんです。

それと、私のしたいこと、目標というと大げさなんですが、、、、お店を持ってなくても認めてもらえるようになりたいと思いました。

『あのお店に行こう!!!』と同じ感覚で『あの人のお料理を食べに行こう!!!』となる日が来るようにしたいです。それは私に限らず、お店を持たないコック 『ノマド シェフ』として活動している全員のために。

なんだか長くなってしまいましたが。。。。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

さて、次はどんな物語にしよう??

お楽しみに(^-^)

ものがたり食堂 Vol’07 みんな大好き『ラピュタパン』!!

こんにちは(^-^)

もう気がつけば1月も下旬。実は初blogもなんですね。。。

みなさま今年もどうぞ暖かく見守ってくださいませ。

時間があっという間!!忙しく過ごせてることが幸せなんだと最近は思えるようになりました。来る日も来る日も頭の中がお料理で、夢でもお料理をしていて『もうやめた!!』なんて日も実はあるのですが、結局キッチンに立っていて、鍋の中『コトコト』まな板の『トントン』レタスをちぎる『パリッ』そんな音たちがとても心地よく私の中に響いています。

気がついたこと。

私、お料理のループから抜け出せなくなっているんです。

仕事で疲れているはずなのに、『夕飯何にしよーかなー』なんてウキウキしてます。

煮込み料理を作っている間に、別のレシピ本を読んで『次はこれつくろー!!』とか

休憩している時も頭の中で『アレとコレを合わせたらどんな味になるんだろー』とか

みんなそうなのかな??私にはわかりませんが、

お料理が嫌いになっても、お料理に助けてもらっている。

 

一ヶ月くらいお料理(頭の中でも)をしないとどうなるか試してみたいです。。。。

 

さて、2月のものがたり食堂ですが、とっても有難いことに3分で満席となりました!!本当にびっくり!!!これから益々成長していくものがたり食堂にもどうぞご期待ください!!(^-^)そして以下は去年のGWにランチ企画でやったものがたり食堂も様子です!!どうぞご覧ください。

 

==========================================================

 

2015/5/4

「ラピュタ」より

 

急遽決まった企画ではあったのですが、前々からやりたかった「ラピュタパン」

食パンをディナーで提供するイメージが持てなくていつかランチの時に!!!と思っていました。

この物語から連想されるお料理は2種類

「質素」と「豪快」

パズーの質素ながらも美味しそうに頬張る料理

ドーラ一家の豪快な海賊料理

きっとディナーだったら後者をとっていたと思いますが、、、今回はランチ!!!

ということで。

テーマは

「cucina povera クチーナ ポーヴェラ 」

イタリア語で直訳すると「貧しい料理」です。

手に入りやすいものや、余り物をうまく使って作るお金の掛からないお料理。

名前をダイレクトにお客様へ伝えずらいのですが、日本でも主婦の方々が工夫して作っているのとなんら変わりませんね。

どこの国に行ってもきっとそうなんだと思うのですが、イタリアでは

「基本はクチーナ ポーヴェラ」

だと教わりました。

11025958_678013412303263_3201547408041771204_n

野菜たっぷりの肉団子スープ

本編ではミネストローネのような赤いスープ

ものがたり食堂ではイタリア トスカーナの郷土料理「リッボリータ」を少しアレンジして出しました。

黄色いズッキーニ 打ち豆 人参 玉ねぎ パン ほうれん草

トスカーナだったら黒キャベツが入るのですが、残念ながら手に入らず!!!

RIBOLLITA

RI + BOLLITA

RI  「再び、戻る」

BOLLITA「煮込む」

と言うように「再び煮込まれた」という煮込み料理なんです。

出来上がったスープに固くなったパンを入れて煮込んだり、またそのスープが余ったら他の野菜を入れてまたまた煮込んだりとか。。。。。

そんなお料理です。

イタリア語での「RI」 ラテン語の「RE」

そうこれ英語でも使われてるのと一緒の「RE」なんですね。

イタリア語は基本そのままローマ字読みなので「RI (り)」って読みますが、ラテン語、英語は「RE(り)」って読んだりもしますね。

REBONE

RECONFIRM

REUSE

REDO

REPLAY

皆さまも良く聞いたことがあるイタリアのチーズ「リコッタチーズ」の「RICOTTA」も同じで

COTTA「さっと煮る」

チーズをとった後の凝乳を軽く温めて、そこから生まれる柔らかい乳製品のことを「リコッタチーズ」と呼んでいるんですね。

ちなみに

「彼は腰抜けだ!!!」とイタリア語で言いたい時は

「E’ un uomo di ricotta」

と言ってみましょう。大丈夫そのままローマ字読みで言えば通じます!!!きっとみんな笑ってくれる!!!!と思います。

11221839_678013488969922_6937375654471305915_n

「ラピュタパン」に三種の付け合わせ

⚪︎オーガニックの人参は本当に美味しかったのでシンプルに

⚪︎豆苗ときのこのマリネ

⚪︎キャベツとトレビスのマスタードコールスロー

パンは日光の「金谷ホテルベーカリー」の食パンをご用意いたしました。

11193293_883079055090298_6093081856110950539_n

デザート

本当はデザートの予定はなかったのですが、朝思い立って作りたかったシュワシュワするゼリーはおまけです⭐︎

味はカクテルのチャイナブルーな感じ。

見た目は何をイメージしたの??と言われてすぐにお応えできなかったのですが、

ロボット兵がお墓に添えていた小さな小さなお花です。写真では見えないのですがピンクグレープフルーツの可愛らしい色も春らしくできたと思います。

また同じ物語を表現できるチャンスがあったら次回は「ドーラ一家」の豪快バージョンをやりたい!!!!!!!

今回も皆さまのお陰で楽しむことができました。

本当にありがとうございました。

 

ものがたり食堂Vol’12グリム童話『白雪姫』

こんにちは(^-^)

とっても遅くなってしまいましたが、先日行われたものがたり食堂のレポートです!!

テーマは白雪姫!!今回は特別に二日間に分けて開催となり、初めて参加くださった方も多くいつもとは少し違う雰囲気を個人的に感じました。どんな方がいらっしゃるか、どこで『ものがたり食堂』を知ったのか、集まる人が違うだけ雰囲気が変わる不思議をいつも考えさせられます。一つのテーブルを囲み、物語のあるお料理を食べて、初対面の方でも最後には打ち解けて行ってくださる。最後に『楽しかったです』とそんな一言が聞けたことがとても幸せでした。

 

2015/11/20・21

グリム童話『白雪姫』

FullSizeRender

白雪姫と聞いて思い浮かぶのはきっと『毒リンゴ』だと思います。予約を受け付けてからお客様とのやりとりでたくさんの方が『毒リンゴ』に期待してます!!とのことでしたw さて、どこに毒リンゴがあったでしょう??

 

アミューズ『王妃さまへ捧げた肝臓』

 

DSC_6431

 

IMG_0260

 

白雪姫の美しさに嫉妬した王妃さまは狩人に白雪姫を森で殺してくるように命じました!!しかし狩人は白雪姫があまりにも美しくて可哀想で殺せませんでした。そこで狩人はイノシシの肝臓を代わりに持ち帰り『白雪姫の肝臓です!!』と捧げました。王妃さまはイノシシの肝臓を白雪姫の肝臓だと思い焼いて食べたそうです…………….。

 

そんな王妃さまに捧げた肝臓をイメージして。

フォアグラのブリュレ マロンクリーム スパイスの効いたリンゴのコンポート

フォアグラのクリーミーな味わいを少し焦がした砂糖でほろ苦く。マロンクリームと紅玉リンゴのコンポートとの相性もユニークで面白かったと思います。

IMG_0231

 

前菜『7種の野菜のシュークリーム』

七種の野菜はもちろんみなさまのご想像通りの7人の小人です!!

シュークリームとは厳密にいうと、キャベツの形をしたという意味になるので今回細長い形はエクレアと言いますね。(なんだ!!シューじゃないじゃん!!と思われた方、ごめんなさい)

この生地も乳製品を一切使わずに、オリーブオイル、硬水を使い仕上げました。

中にはバーニャカウダをベースとしたソースにトマトペーストを入れて少し酸味を加えました。

金時人参 イエローズッキーニ ブロッコリー エリンギ チコリー さつまいも マイクロトマト

 

 

DSC_6564

 

 

メイン『森の中でコトコト煮込んだスープ』

7人の小人の留守中に彼らの家に忍び込んで、美味しそうなスープを発見!!お腹が空いていた白雪姫はそのスープをこっそり食べました。のスープ。

DSC_6756

 

少し小麦粉でとろみをつけたので、シチューと言ったところでしょうか。鹿肉を日本酒で漬け込んで、臭みを和らげて煮込んだ冬ならではの一品です。

 

DSC_6806

 

デザート『噂の果実 リンゴのムース』

 

ムースとはお伝えしていたのですが、急遽パウンドケーキも添えることにしました。同じリンゴでも作り方が違うだけで味も楽しみ方も変わりますね(^-^)

奥にあるのが『リンゴのムース』 ヨーグルトと香り高い サン津軽 を使用しました。赤いパウダーはラズベリーパウダー。

手前が『リンゴのパウンドケーキ』 バナナとリンゴらしい味わいで代表的な 秋映え を使用しました。2ヶ月漬け込んだラムレーズンとカルダモンでアクセント。キャラメルクリームで絶対美味しい組み合わせの完成です!!

DSC_6896

 

さてさて、今回の『ものがたり食堂』は如何でしたでしょうか?

 

そう、まともなキャラクターが一人もいない、ホラー仕立てのお話ですね。

 

 

*4回も殺されかけた白雪姫*

1、狩人が可哀想と思い逃がしてあげます。

2、死んだと思った白雪姫の存在を魔法の鏡で知った王妃さまは商人に扮してネックレスを売りに白雪姫の元に行きます。『きっと似合うから、つけてごらん!!私がつけてあげよう!!』とネックレスで首を絞められて倒れてしまいましたが、ちょうど帰ってきた7人の小人に助けたれてなんとか一命を取り留めます!!(奇跡!!)

3、またまた死んだと思った白雪姫の存在を魔法の鏡で知った王妃さまは、また商人に扮して今度は毒のついた櫛を白雪姫に見せます。『私がいい具合に髪をといてあげましょう』と白雪姫の髪を毒のついた櫛でといているうちに、どんどん毒が頭皮に染み込んでいき白雪姫は倒れてしまします!!『今度こそ終わりだ!!』と王妃さまは去っていきましたが、ちょうど帰ってきた7人小人にまたまた助けてもらい一命を取り留めました!!

4、またまた死んだと思った白雪姫の存在を魔法の鏡で知った王妃さまは毒リンゴを拵えて白雪姫の元にいきます。学習能力のない白雪姫もさすがに疑いました。『お前さん毒でも付いてるとおもってるのかい??ほらごらん。』とリンゴにかじりついて見せます。(王妃さまが食べた部分は毒が塗ってない部分でした。)これを見て安心した白雪姫は毒のたっぷり付いたリンゴを一口かじってしまい、倒れてしまいました。(やっと、やっと!!今まで王妃さまは詰めが甘かったとしか思えませんね。)

*死体愛好家の王子様*

死んでしまった白雪姫まだ美しく、まるで生きているかのようでした。埋めてしまうなんてできなかった7人の小人はガラスの棺に入れました。そんなガラスの棺に入った死んでしまっている白雪姫を見かけた王子様は『いくらでも払うから譲ってください!!欲しいものをなんでもやるから、譲ってください』と言いました。7人の小人たちは『世界中の金貨を集めてもこれに変わるものなどありません』と言いましたが、それでも欲しいという王子様を気の毒に思い、白雪姫の死体を譲りました。

お城に運んでいる途中に、棺が大きく揺れてその拍子に白雪姫の口から毒リンゴがぽろっと飛びし、程なくして白雪姫は目を覚ましました!!(王子様はびっくり!!内心なんで生き返ってしまったのだろうと思ったとの説もあります。)

有名なキスで生き返るではなく、喉に詰まった毒リンゴが取れて生き返ったのですね。

*義母ではなく実の母説*

だとしたら本当に怖いなと思ってしまいました。何度も危ない目にあってて学習能力のない白雪姫もですが、4回も失敗している王妃さまも問題ですね。毒の調合ミス。もしくは白雪姫が実は魔女だったのかもしれませんね。

 

 

DSC_6338

 

白雪姫というテーマに合わせてブーケを持って来てくれた素敵女子もおりました。綺麗なブーケなのに後ろ向きでごめんなさい。でも本当にテーブルと合っていたんです!!!

 

お土産『私の小さな白雪姫リンゴ』

IMG_0259

アルプス乙女という姫リンゴを使ってのお土産!!

ホワイトチョコレートでコーティングしてさらにココナッツで覆ってみました。

IMG_0247 (1)

 

image1 (1)

 

今回もみなさまのおかげで楽しめました!!ありがとうございました!!

アシスタントを快く引きつけてくれたコマさんとカメラマンの丹野さんにも感謝です!!

 

お料理を作るのはもちろん楽しい!!『美味しい』って言葉はもちろん嬉しくて幸せな言葉ですが『楽しかったです』の言葉が最近はなんだか嬉しく感じるようになったのです。これって自分の中での小さな変化だと思っていて『美味しさ』が『楽しさ』を生んだこと。近そうで実はちょっと離れたところにあるこの二つの言葉をもう少し近づけて行けたらと思っています。『ものがたり食堂』に来るとお料理も美味しいけど、何より楽しいんだよ!!そんな空間をこれからも作っていきます!!これからの『ものがたり食堂』もどうぞお楽しみに(^-^)

 

〜お知らせ〜

来週12月18日金曜日 19時からPoRTAL渋谷にてものがたり食堂1周年パーティを開催致します。

最初は20名定員だったのですが、いつもよりスペースを広く使わせていただけることになりました!!ですのでまだ募集枠ございます!!ぜひお誘い合わせの上お越しくださいませ。

詳しくはこちら→ものがたり食堂1周年パーティー

いつもお料理を提供するのに精一杯でみなさまとお話できてなかったのが残念でした。今回はぜひともお話の輪に混ぜて頂けたらと思っております(^-^)どうぞよろしくお願い致します!!

 

Photo/ 丹野雄二

協力/PoRTAL渋谷

 

 

ものがたり食堂Vol’06 『しろくまカフェ』

こんにちは(^-^)

 

ものがたり食堂Vol’12『白雪姫』のMENUが出来上がりました!!いよいよ来週末ですね!!

スクリーンショット 2015-11-15 12.03.01

 

今回もちゃんとしおりをご用意してます!!

そして、4月に開催したものがたり食堂Vol’06『しろくまカフェ』の様子もご一緒にどうぞ!!

 

====================================================

2015/4/17

漫画 「しろくまカフェ」より

 

漫画家 ヒガ アロハさんの作品。

10950679_874923209239216_3325938497925121383_n

最新号の物語、冬眠しているクマさんの家の前で料理をしてその香りで目覚めてもらう作戦を再現してみました。もちろん作品に出てくるものをすこーし捻って。

漫画では、YOU TUBEの収録をしながらのお料理教室!!!なんともシュールな作品です。

DSC_1168

前菜

春色ピンクのタラモサラダ

どこがピンク??ってなりますが。パンを薄く伸ばして四角くカット、オーブンで焼き色が付かないように仕上げたものでタラモサラダを囲ってみました。

明太子、マッシュポテト、水切りヨーグルト、生クリームを使ったタラモサラダ。

タラモっていうのはギリシャ語で魚卵を意味します。日本では「タラコ」と「じゃがいも」を使ったサラダだからという誤解もあったり。ギリシャやトルコでは日本で珍味とされているボラの卵 カラスミを使ったりとか。なんとも贅沢。

メイン

クマさんの大好きな鮭のアクアパッツァ

きっと皆さまがイメージするアクアパッツァとはイメージが違ったと思います。

通常は、お魚丸ごと使った贅沢なお料理。軽く焼いたお魚にアサリの白ワイン煮の汁をしみ込ませるという感じのもの。

↓こんな感じ。

20091123_698175

でも

今回お出ししたのは

↓こんな感じ

DSC_1213

鮭とあまーく炒めた玉ねぎをミンチにしてロールアップ。

サフランで香り付けしたアサリのスープの上に浮かべました。

トマトとエビのグリルでトッピング。通常スープを作るときにオリーブ、ケッパーも一緒に煮出すのですがアサリとサフランの味 香りを楽しんで貰いたかったのでそれぞれペーストにしました。最後まで味の変化を楽しめるように。

DSC_1207

デザート

りんごとハチミツのバーモントナッツのデザート

皆さまメニューを見るなり、「バーモントカレー??」なんておっしゃってましたが。

アメリカのバーモント州の名産物、りんごとハチミツを使ったデザートをご用意しました。

漫画では、焼きりんごにたっぷりとハニーナッツをかけたのが登場しますが、、、、

DSC_1257

チョコがけしたりんごの器に詰めたのは

りんごとラムレーズンのパウンドケーキ 砂糖は控えめにハチミツ仕立て

自家製りんごのジャム レモンの代わりにお酢で仕上げたもの

ナッツごろごろのハニーナッツ

りんごとバナナとヨーグルトのジェラート  りんごの器製作時にくり抜いたりんごを使って

1382436_874923285905875_4128866432918612054_n

嬉しいことに、りんごの器も皆さま綺麗に食べてくれました⭐︎

毎回ではないのですがお土産をご用意していて、今回はデザートにも使った自家製のジャムをお土産にしました。

11150143_874923235905880_7218672698544874909_n

DSC_1170

DSC_1164

DSC_1185

DSC_1152

DSC_1175

もちろん私自身も楽しめたイベントでしたが、皆さまがとても喜んでくださってるのを間近で見ることができてとても幸せな時間でした。イベント中だと見ることの出来なかった一瞬、一瞬を切り抜いてくれたsongさん、鈴木さんにも感謝★ありがとうございました。

お土産やまた別の場所でりんごを味わったとき、もちろん「しろくまカフェ」を読んだ時にこの「ものがたり食堂」をほんの少しでも思い出してもらえたら嬉しいです。旅の思い出のように。

DSC_1271

思わずハイタッチ!!!!

さて、次回はどんな物語にしよう???

ご来店くださった皆さま、本当にありがとうございました。

 

 

 

ものがたり食堂Vol’11『赤ずきん』

みなさまこんにちは(^-^)

ぐっと寒くなり、木々たちも街中も冬の準備!!ハロウィンに、もう少ししたらクリスマスであっという間に年末ですね!!

 

さてさて

先週末のものがたり食堂Vol’11も無事に開催できました!!

今回のテーマは『赤ずきん』

本当は怖いグリム童話などで知られるように、少しホラー感のある作品をハロウィンに合せてチョイスしました。

さて、どんなお料理をご用意したか??

 

2015/10/16

グリム童話『赤ずきん』

 

11071682_908726049203327_4719224640437710603_n

アニューズ『おばあちゃんのためのお土産』

 

チェックの布の中にお皿を入て、お土産をイメージ。

開いてもらうと………

IMG_4542

こちら!!

おばあさんへのお土産で、お菓子と上等なワインを持って行ってね??とお母さんからお遣いを頼まれるところ。

お菓子は、ハム、パセリ、オリーブを細かく刻んだものをクリームチーズ、マスカルポーネチーズでミルクレープ状に仕上げました。

上等なワインはサングリア風味のゼリーで表現。

 

IMG_9661

前菜『よりみち みちくさサラダ』

出発した赤ずきんはオオカミに出会いどこに行くのか尋ねられ、『おばあさんの家よ』と答えます。赤ずきんはオオカミがどんな存在か知らずに、おばあさんの家を教えてしまい、そしてよりみちをしてお花を摘んで行くことにしました。

そんな よりみちみちくさサラダです。

隠れて見えませんが、ゴルゴンゾーラにコリアンダー、カルダモンを使いゴルゴンゾーラ特有の強い臭みを和らげてみました。そこに、さつまいもチップス、イチジク、パープルスイートというサツマイモ フレッシュなマッシュルームのスライスなどそ添えました。

 

IMG_4553

メイン『おおきなお口で頬張る赤ワイン煮込み』

おばあさんの家に先回りしたオオカミはおばあさんを食べてしまい、やってくる赤ずきんをおばあさんの服をきて待ち構えます!!

「おばあさん、おばあさんの耳は、ずいぶんと大きいのね」
すると、おばあさんに化けたオオカミが言いました。
「そうとも、お前の言う事が、よく聞こえる様にね」
「それに目が大きくて、光っている。何だか怖いわ」
「怖がる事はないよ。可愛いお前を、よく見る為だから」
「それに、おばあさんの手の大きいこと。おばあさんの手は、こんなに大きかったかしら?」
「そうだよ。大きくなくては、お前を抱いてあげる事が出来ないもの」
「それから何と言っても、その大きなお口。おばあさんのお口があんまり大きいので、びっくりしちゃったわ」
「そうとも。大きくなくては、お前を・・・」
「・・・お前を?」
「食べられないからさ!!!!!!!!!!!」
オオカミはそう言うと、赤ずきんをパクリと飲み込んでしまいました。

という有名なシーンですね!!グリム兄弟よりも昔、そしてシャルル・ペローが書くもっと前の民話では、赤ずきんはオオカミに騙せれておばあさんのお肉と血を食したとか……..今ではその部分はカットされ今のようなお話になったと言います。

おおきなお口でガブリ!!と頬ばれるように、地鶏の足を贅沢にお一人様一本お出し致しました。味付けはシンプルに、赤ワイン、トマト缶、塩、ローリエのみです。

 

IMG_9662

デザート『ドルチェ デイ モルティ散らばったブーケ』

 

ドルチェ デイ モルティ(dolce dei morti)

死者のデザートというなんとも食欲がなくなる名前のデザートですが、11月1日、2日はカトリックの諸聖人の日、日本でいうお盆のようなもので、10月31日のハロウィンはそれらの前夜祭なのです。

グラノーラ(小麦) 干しぶどう ざくろ くるみ シナモン

この食材全て『生』を司るものなんです。

グラノーラの小麦、ぶどうは『再生』を意味。パンの原料となる小麦はキリストの肉として。ワインの原料になるぶどうはキリストの血を表す縁起物。

ざくろは『多産』の象徴。

くるみは『生』と『死』両方を意味しています。

シナモンは聖なるスパイスとされていて、古代エジプト、ギリシャ、ローマなどでは儀式などには欠かせないスパイスとされていました。

そこに、チョコレート菓子、ヴィンコットという甘口ワイン、バニラアイスにコーンをのせてブーケをイメージしてみました。

『赤ずきん』は最後、猟師が通りがかりオオカミのお腹から、おばあさんと赤ずきんを助け出したというお話はグリム兄弟が付け加えた部分で、シャルル・ペローが書いたものや、それ以前のお話では『赤ずきんが食べられてしまいました。』で終わっていて、『女の子が一人でフラフラ外を歩いてはいけません。』とか『どこに悪い人がいるかわかりません!!気をつけましょう』という教訓が与えられてたそうです。

おばあさんと赤ずきんが無事に蘇る(?)ということで、こちらのデザートをご用意致しました。

 

さてさて、毎回お土産を楽しみになさっている方も多いとか(^-^)

まずは、いつも快くアシスタントを引き受けてくれてさらにパン教室をしているSmile Kitchenのkanaパンこと、かなさんにパンプキンパンを作っていただきました!!

IMG_4582

とってももっちりしていて、しっかりとカボチャの味!!そしてこの見た目です!!ものがたり食堂が終わった後に我慢できなくてパクッと食べてしまいましたw本当に美味しかったです!!

 

そして私からのお土産は

 

12107237_908808909195041_6892940439799203260_n

 

メキシコのハロウィン Día de los Muertos!!(英)Day of the Deadをイメージしたアイシングクッキーをご用意致しました!!

『trick or treat!!!』

とみなさまに言ってもらいたくて作ったのに、いつも通りに終わってしまったという………w

いえ!!まだハロウィンまで時間はありますので、、、、何か作って『HappyHalloween!!!』って言ってみたいものです(^-^)

 

いつもお越しのみなさまも、初めてだったかみなさまも。本当にありがとうございました!!

 

次回は11月20日(金)21日(土)と二日間の予定です。

とても有難いことに、ここ何回か1時間弱で満席になりご案内できないお客様がいらっしゃった事もあり、次回は二日に分けて開催予定です。まだ、ものがたり食堂にお越しになった事のない方を優先的に、その後ご常連様のご案内をさせて頂きます。ものがたり食堂に初めてお越しのお客様同伴のご常連様も優先的のご案内できます(^-^)

 

予約の受付は11月1日を予定しております(^-^)

 

そしてお知らせ!!!

12月18日(金)に今までにものがたり食堂でお出ししたお料理の中から何品かチョイスした立食会をしようと思っております。

まだメニューは決まってませんが、ご興味のある方は是非遊びに来てくださいね🎶

どうぞよろしくお願い致します!!!

 

 

さて、次はなんの物語にしよう??

次回もお楽しみに!!!!

 

協力:PoRTAL shibuya    Smile Kitchen

ものがたり食堂食堂Vol’05 『魔女の宅急便』

 

みなさま こんにちは(^-^)

今週末はものがたり食堂ですよ🎶今回のテーマはグリム童話『赤ずきん』

本当は怖グリム童話とあるように今では可愛らしく書かれてる物語もじつはショッキングな結末だったりと残酷なストーリーだったりしますね。。。。今回はもうすぐハロウィンということもあり、少しホラー感のあるお話をチョイスしました!!!

今日の振り返り、ものがたり食堂Vol’05『魔女の宅急便』もそうなのですが、ものがたり食堂ってダークファンタジーよりなのでは??なんてういうご意見も頂きましたw

さて、Vol’05がどんな内容だったかごうぞご覧ください(^-^)

 

=============================================================

 

2015/3/15

「魔女の宅急便」より

これから新しいことに挑戦したり、ワンステップ階段を上がるそんな季節にぴったりの作品だと思いチョイス。

有名な作品でファンの方もとても多いということもあって直前まで本当にドキドキしました。

10302036_467069266779801_7762485476989105721_n

食前酒

ブラッティ・シーザー

ぶくぶくしている赤いなんだか得体の知れないものの前で、キキのお母さんコキリがドーラさんの為にリュウマチに効く薬を作っているシーン。

「血塗れのメアリー」として恐れられたイギリス、アイルランドの女王メアリー1世。プロテスタントに対して過酷な迫害。女、子供とわずに300人を迫害したと言われる恐ろしい女性。そんな彼女が由来のカクテル「ブラッティメアリー」の応用編「ブラッティシーザー」をご用意しました。

レシピの違いはトマトジュースをハマグリのエキスが入ってるトマトジュースに置き換えるだけ。すこーし変わるだけで名前が変わる。カクテルって面白いですね。ちなみにノンアルコールで用意したのは「バージンメアリー」ウォッカの代わりにライチジュースを。

トマトジュース+ウォッカ=ブラッティメアリー

トマトジュース+ジン=ブラッティサム

トマトジュース+テキーラ=ストローハット

他にもいろいろ。

11020426_803626303041484_97271785_n

前菜

カエルの卵風ソースお絡めた柑橘と魚介のサラダ

何がカエルの卵風なの?

それは水にふやかした「バジルシード」を使ってドレッシングを作って絡めました。

グレープフルーツとドラゴンフルーツと一緒に。

11043241_856352344429636_6978960087896295065_n

de9d6ecb

ふやかしてるとこんな感じ。うーん。気持ち悪い。

11025633_855827917815412_7229780047970169579_n

メイン

ものがたり食堂のかぼちゃのパイ

きっとみなさんの期待を裏切る形になったかと思いますが、提供したのはこんな感じのもの。

10475846_1031656936847763_4541215080919439750_n

中にはカジキまぐろとニシンを包んだラビオリをローズマリーで香り付けしたかぼちゃのスープの上に浮かべました。上のパイはクルトンの代わりに。

みなさんが一番期待したであろうパイ、見た目も全く違う物を最初から出す予定だったので。「再現料理ではありません!!!!!」といつも以上にアナウンスしました。

物語に登場するあのパイは出来立てが一番なのでいつかオーブンのあるところで作ってみたいと思います。

11056656_803626343041480_1416999495_n

デザート

動物と話せるかもしれないチョコとマシュマロのファッジ

はい。魔女宅ファンの皆様ゴメンなさい。なんで指??こんなシーンあったかしら??なんて言われてしまうのは覚悟の上でした。きっと本編の物語でもお母さんが魔女なように他にもいろんな魔女がいるだろうな??という思いから。旅立った夜に出会ったちょっと生意気そうな占いができる魔女がいたり、その後キキが暮らすことになった街の時計台掃除のおじさんだって「最近は魔女を見なくなった」的なことを話していたので。物語には登場していないけどこんな魔女像はどうだろう??と引っ張ってきたのが1970年代アメリカで流行った「魔女のお菓子」という絵本ファッジという激甘なお菓子があって、「ひとつ食べると動物が好きになって、二つ食べると動物と話せるようになって、たくさん食べると不思議なことが起きる」という夢のようなお菓子を作る魔女の物語の力を借りました。ファッジだけじゃつまらないな〜と思って、ジジが舌を「ベーー!!」と出すシーンから「ラングドシャ」という「猫の舌」というフランス語のお菓子をトッピングすることに。でもそれだとインパクトないからな〜とインパクト狙いで魔女の指のクッキーを。ええ。あのクッキーはなんとなーくなんとなーく作ってみたかったのです。でもみなさんの反応のいい事!!ありがとうございました。

11039918_803626336374814_1067815091_n

51AEEcmF4zL._SY344_BO1,204,203,200_

そして。。今回はお土産付きでした。

10984601_856352174429653_1176494455846790408_n

カトラリー置きにしていた鳥籠に黒猫のクッキーを入れて持って帰ってもらいました。

11054383_855827924482078_8001598851146824073_n

まさかのお土産にみなさん大喜びでした。

うん。今回も楽しかったです。

前に一緒に働いていた後輩も手伝いに来てくれて本当に助かりました。ありがとうコジ!!!

さて次回はなんの物語にしましょう??

皆さまありがとうございました。

11048699_10203914469887397_3370441592604712451_n

ものがたり食堂Vol’10『マリーアントワネット』

こんにちは(^^)

9月も下旬!!あっという間に2015年もあと数ヶ月ですね!!私の大好きな秋がやってきて!紅葉に、美味しいもの!!!ちょうどいい気候でお散歩、ピクニック、キャンプ!!やりたいことがいっぱいの秋!!みなさまはどんなことをしますか??わたしは今週末から少し遠出で秋を楽しんで来る予定です!!

 

 

さて、先週の『ものがたり食堂』も無事に開催できました!!

 

なんで「マリーアントワネット」だったの??

 

物語ではない。歴史上の人物。

 

彼女を主人公にした、漫画や映画もあるくらいですし、あくまで個人的にですが彼女の人生そのものを物語として捉えると面白いのでは??と思ったからなのです。フォークやナイフなども使わずに、食事を手で食べていたというフランス人。今のようなフランス料理を確立させたのはイタリアのメディチ家から嫁いだカトリーヌさん。フォークやナイフ伝え、お抱えの料理人お菓子職人と共にフランスへ。マリーアントワネットが伝えたものは、クロワッサン、それにコーヒーを飲む習慣。彼女が大好きだったというクグロフなど。

フランス革命後に王侯貴族に雇われていた料理人やパティシエが職を失って街にレストランやお菓子屋さんをオープンさせてくれたお陰で、現代の私たちを楽しませてくれてるんですね(^^)羨ましい事に、フランスのパティシエは日本でいうところの医者と同じくらいのポジションになるとか。。。。。

 

 

2015/09/18

『マリーアントワネット』より

IMG_3942

 

IMG_3944

 

ーアミューズー

鴨のスモークとぶどうのローズマリー風味のコンポート

DSC_3714

 

IMG_3948

 

メニューには表記してませんでしたが、前菜前のアミューズのご用意もありました(^^)

 

ー前菜ー

彩り豊かなクリームプリン

 

DSC_7855

 

DSC_7900

 

DSC_7911

 

クリームプリンと書いたものの、こちらはかぼちゃのスフォルマート。

パルミジャーノチーズをたっぷり使ってしっとりと焼き上げ、トマトクリームソースで酸味のアクセントを。

 

ーメインー

甘酸っぱいベルサイユの庭

IMG_3963

カラフルに仕上げたかったメイン

ブラックペッパーでマリネした自家製のローストポークにはラズベリーの酸っぱいソース

IMG_3960

 

DSC_7858

 

付け合わせにご用意したのが、お米のサラダ!!

サフランで香り付け色つけしたお米の上に、パプリカ、エリンギ、オリーブを細かく切ったマリネと添えて。

IMG_3965

こちらのサラダということで、少し酸味を効かせた味わいに仕上げました。

ーデザートー

夢見心地おやすみスープ

12051011_921468051273534_1877435273_o

 

彩鮮やかなスープが多めのマチュドニアをご用意。

りんご バナナ オレンジ ぶどうをざくろのシロッグレナデンシロップでマリネ。

スープはグアバジュースとりんごジュースぶどうジュースをブレンドしたものを。ミントとレモンで飾り付けしますが、このミントとレモンを途中でつぶしながら食べてもらうスタイルにしました。甘みから酸味。酸味の効いたところにミントのフレッシュな香りをプラス。三段階で楽しめるデザートにしました。

 

マリーアントワネットは朝、デザートなど、甘いものを食べて、お昼にはお肉やお魚を、夜は軽くスープで済ましていたそうです。

1日の食事がコース料理の逆バージョンという感じでしょうか。こうしてるとあまり太らなくていい食事法なのか!!と思っていたのですが、現代のフランスもこんな感じなんだそうです。朝はケーキとまではいきませんが甘めのビスケットやクロワッサン、お昼はしっかりと時間を取って食べるのがフランス流。学校の給食だって前菜、メイン、チーズ(出たりでなかったり)最後にデザート。スープではなくサラダにオムレツやバケットで済ませることもあるそうです。日本とは違う食事の取り方ですが、もしかしたらフランスの食事法の方が健康を保つことができるかもしれませんね(^-^)

 

ーおみやげー

『パンがなければお菓子の食べればいいじゃない!!!』のお菓子

DSC_3742

IMG_3971

お菓子を食べればいい!!のお菓子は実はブリオッシュのことでした。フランス語が英訳されてケーキになったのでしょう。そこから日本語訳されて。。。。お菓子となったと言われています。さらには、この名言は彼女の言葉ではなかったとか。。。。。いろんな説がありますが、いろんなことを想像してみるのも楽しいですよね!!

 

 

今回のものがたり食堂も楽しんでいただけたでしょうか??

来月のものがたり食堂は10月16日の金曜日です。まだ受付は開始してませんが、10月1日に予約を開始する予定です。

ご興味のある方はどうぞ参加してみてくださいね!!!

 

次回のものがたりは、さてなんでしょう??

どうぞお楽しみに!!

 

 

 

 

 

 

 

ものがたり食堂Vol’04

こんにちは!!早いものでもう9月信じられないですよね。雨もざんざん降ったり、晴れたり、むしむししてて、どうした!!お天道様!!という感じで、秋晴れを待っています。

 

さて、今月記念すべき10回目を迎えるものがたり食堂!!ここまでやって来れたのも本当に奇跡!!

もともと始めたのも、開催する場所のPoRTALshibuyaさんのキッチンを借りてランチの提供をさせてください。とお願いしに行ったのがきっかけでした。毎週金曜日に開催されているNightサロンでとりあえず腕試し!!という形で実験的にお料理の提供をすることになったのがものがたり食堂だったのです!!

ランチの提供も、ものがたり食堂も両方続けることが出来ているのもみなさまのお陰です。本当にありがとうございます(^^)

 

今日はものがたり食堂Vol’04の模様をどうぞご覧ください🎶♫

 

=================================================

2015/2/15

「スイミー」より

今回考えた事それは五感で楽しむということ。

10957194_783339415081131_724621112_n

「視覚」
目からはグリーンディレクターのきのこ先生に海の装飾をお願いしました。
「植物で海か…森ならよかったのになぁー」
とつぶやいてましたが…

流石、任せきったら難なくこなしてました。サラッと。思いっきり装飾に没頭している彼女は美しかったです。

image

「ものがたり食堂」の装飾ができるまでの事はこちらをご覧ください。http://about-f.com/kinoblo10/

 

 

「聴覚」
耳からは声優の山本灯織さんをお迎えして彼女の声で物語の世界へ

 

 

「嗅覚」
香りのアプローチ。

海苔をたーっぷり練りこんだ自家製パン

DSC01375
磯の香りをお届け。

そして「味覚」

DSC01380

冷前菜
マグロとチーズの生春巻きと貝殻のサラダアボカド仕立て

DSC01459
温前菜
森の香りで仕上げた手長海老のオーブン焼き

ブルドーザーのような伊勢海老‼︎
の代わりに手長海老。

DSC01599
真っ赤な海に溺れる真っ黒リゾット

「僕が目になる」のスイミーとその仲間たち
それと
海底にある岩をイメージして。

さて、今回悩んだのはデザートでした。海の中のデザート??最初はそう考えてはいたのですが、陸に上がってもいいのでは?と思い砂浜をテーブルに広げてみました。

DSC01625

10966536_783265001752959_1328574522_n

砂浜で遊んで作ったようなお城はオヤツ隊長のかやちゃんにお願いしました。

もちろん砂も美味しく食べれます。

そこにイチゴ バナナを転がして。
バケツの中にはチョコレート、ブルーベリージャム、桃のジャムと。
まるで砂浜で遊ぶように盛り付けをしていきました。

これと一緒にバリスタみねたの珈琲を…

「触覚」
本当は砂浜のデザートを皆さまにそれぞれカットして頂き、お好みで盛り付けして頂こうかとおもってたのですが……

やめました( ̄^ ̄)ゞ

こんな感じで盛り付けて、もりもり食べて頂きました。

11004484_783883495024443_1992248216_n

皆さま食事を楽しみながら仲良しになっていましたし、その場の雰囲気を肌で感じて楽しんでもらう。イベントが終わったあとでも余韻が残るようにと…

その余韻のお供に

初期メンバー

うーちん!!!!!!!!

家に飾ってあるうーちんを見て
「ものがたり食堂」を思い出して頂けたらと思いました。

きのこ先生をはじめてのabout fのスタッフ、それに毎回お手伝いしてもらってるスパイスワーラーのMariちゃん、声優の山本さん、カメラマンの丹野さん

みんな本当にありがとうございました。みんなが協力してくれたお陰でとても楽しい時間を皆さまに提供出来たと思います。

これからどんな物語を表現して行くか私自身もワクワクしています。このワクワク感をもっと広めて行けたらな。そうおもっております。

11004381_10203755538754218_602719413_n

今後のabout f の活動を楽しみにしていてくださいm(__)m

photo by 丹野雄二

 

ものがたり食堂Vol’03

こんにちは☺︎夏の終わりを感じる今日この頃。みなさまどうお過ごしですか??

夏休みっぽいこと。陶芸やって工作気分に浸ったりしてましたが、そろそろ何処か旅に行きたいなと思っているところです。

 

さて、来月には10回目の開催になります『ものがたり食堂』!!テーマは『マリーアントワネット』そんな彼女からのインスピレーションでメニュー構成したいと思っています。今週中に予約開始します!!どうぞお見逃しなく☺︎

 

その前に『ものがたり食堂 Vol03』を振り返ってみたいと思います。

 

================================================

2015/1/31

「レミーのおいしいレストラン」より

 

 

もう早くも3回目になる「ものがたり食堂」

レミーを見たことのある人はご存知かと思いますがラタトゥイユがキーポイントなのです!!

 

 

私にとってとても印象的な場面

それはネズミのレミーとダメコック リングイニが出会うスープでした。

それに加えてこの映画の私なりに感じたカラーは暖色系カラーでした。

なので

テーブルクロスは赤のチェック

サラダ、スープ、メイン、そしてデザートまでも私なりのレミー色にしてみました。

 

写真 3

まずは前菜

珍しく素直に再現料理

レミーとそのお兄さんがつくった??マッシュの串焼き。名づけて

「マッシュルームの串焼きとろーりチーズの雷仕立て」

わざと、マッシュルームを芯まで火を入れないで、甘みはかぼちゃで補いました。

 

写真 2

そして今回メインよりもメインとして考えていたスープ

「ハーモニー達のひらめきスープ」

この色はビーツ、少しシャキシャキした食感はこのビーツからでした。

あとは、映画の場面に出てくる、

レミーが味の想像をするところ。

花火のように味のイメージがパンパンと頭の中に響くのです。

あの感じ。あれを表現いたしました。

 

写真 4

 

そしてメイン

「ものがたり食堂のラタトゥイユ」ということで

最後の最後までどうするか考えました。

シンプルにラタトゥイユだけにするか??

と考えてたところで見つけたのが北寄貝の可愛い子たち❤︎

食材との出会いでどんなものを出すかわからなかったので、MENUも曖昧にしていました。ゴメンなさい。

北寄貝のヒモで味付けしたラタトゥイユ

シンプルに野菜だけのラタトゥイユ

卵とカラスミとラタトゥイユはとてもシンプルですが私のお気に入りの味わいだったので。

 

写真 1

デザートは

「世界最古の薬局のアルケルメスというリキュールを使ったズッパイングレーゼ」

色も真っ赤で、実は日本への輸入ができないリキュールなんです。

でもお友達の茜ちゃんにお願いして買ってきてもらいました。

ズッパ

スープの意味

イングレーゼ

イギリスの イギリス人の とか

なのでイギリス人のスープというイタリア語のデザートなんです。

なんでそんな名前がついたかはまたの機会に!!!

 

修道院生まれのリキュール

写真 5

今回はなんと朗読会からのスタートでした。前回の「ものがたり食堂」のお客様としてきて下さった、声優さん山本灯織さんにご協力いただき素敵な食事会が始められました。

それととてもありがたい事に、早々に満席となってしまった事で、参加できなかった方がいらっしゃいました。次回はぜひともお越しください。

ありがとうございまいした。