flower

2015年6月5日 12:35 AM  /  すべてのBlog
flower

こんにちは。

考えれば考えるほど人間て何様なんだ??なんて思ったりしてしまうめぐみです。そんな私めも人間なのですが。

 

 

普段何気ない事でも考えすぎてしまう性格で、結論が出ないので考えることをやめてしまうのですが、今日はそんななんでもないことを書いてみようかと。。。。。

 

 

お花が好きで、もらって嬉しいのですが、その貰った数秒後にはなんだか切なくなるのです。だってその子達はすでに生きてないから。これは切り花のお話なのですがお花屋さんに並んでるお花たちはまだ綺麗に咲いてても、賞味期限みたいなのがあってゴミに出されてしまうのです。これは食べ物やペットショップの話も同じなのですが、今回はお花の話だけにしますね。。

 

 

命は限りがあるから美しいといいますね。

本当にそう思いますし、これって命に限ったことだけではないなと思ってます。

建造物や作品

朽ちていく美しさが好きだったりします。

新しいものにはない独特の色 形 古くなるから大切にしたくなる気持ちの芽生えとか。

いつか手放すまでの間の思い出も美しさだと。。。。

 

 

ただ、その命の寿命を早めることには少し疑問があったりするんです。

寿命を短くする理由はたくさんだと思いますが……..

切り花になるようなら、土から元気に咲いてる花々をみたいなと思います。

 

しかしながら花のプレゼントは嬉しくって、くれた人の気持ちがもっと嬉しいのですが、そんな花々はドライフラワーにするか、作品撮りで今後も残るように写真に収めます。できたドライフラワーはラッピングのアクセントに使ったり。。。。

 

私の相方きのこ先生も同じ考えで彼女が扱ってるもののほとんどは土の中で生きてるものなんです。

「枯れそうになったら交換する」っていうのが、ペットショップで檻の中に閉じ込められてた動物見てる気分で心が痛い。

と彼女は言っていて、お日様の当らないそうな場所の案件をあっさり断っていて、自分の利益だけじゃなくてちゃんと命を考えてるんだなーと思いました。

 

仕事の相方が彼女で私は幸せだなとつくづく思います。

 

食べ物もそうだったりしますね。

食べ物の命の話はまた今度。

 

 

 

朽ちていく美しさとはちょっと違うかもだけど、

すごーく時間をかけて作ったケーキが一瞬にして誰かの胃袋に入っていく事に何故か凹むことはないのですね。むしろ喜びに変わったりして。

ただ、完成してしまう寂しさはあります。

完成するとその作品や考えてた思いとは離れてしますから。

だからきっとこの仕事から離れられないのかも。また同じような気持ちを抱きたくて。

 

 

さてさてもうすぐ紫陽花が満開!!!

着物でしっとり紫陽花デートしたいですなぁ〜☺︎

 

今日のBGM

ペトロールズ – 雨

会いたい気持ちはこの雨のように…………

 

 

 

投稿者プロフィール

さわの めぐみ

さわの めぐみフードディレクター
2年間イタリアへ修行、帰国後、イタリア料理という枠から飛び出し様々な料理を楽しんでもらえるようお店を持たず、ケータリングという形で料理を提供している。
ケータリングや『ものがたり食堂』を中心に活動。

『持たない暮らしの簡単つくりおきレシピ』監修
『新刊わかったさんシリーズ』レシピ監修。